事業計画

親子・地域・ふれあいみそ作り体験「南片江っ子・わんぱく手作り味噌」(南片江小学校PTA)

親子・地域・ふれあいみそ作り体験「南片江っ子・わんぱく手作り味噌」(南片江小学校PTA) 親子・地域・ふれあいみそ作り体験「南片江っ子・わんぱく手作り味噌」(南片江小学校PTA)

実施校名(単位PTA名)南片江小学校PTA
実施日平成29年11月25日(土)
場所南片江小学校 体育館
対象・参加人数167名(児童、保護者、地域の方、教職員)

活動内容

<目的>

「味噌作り」という体験を通して,親子・地域の方々との交流を深めるとともに,「食」「手作り」への関心を持ってもらいたい。出来上がった味噌を通して各家庭で,コミュ二ケーションを図ってもらいたい。

<内容>

  1. お手伝いに来てくださった地域の方々のご紹介。ご挨拶。
  2. 味噌づくり講師の紹介
    (田島屋味噌 柴田守一さん)
  3. 講師のお話し 「みそができるまで」
  4. 体験開始
    ① 材料の説明 → 大豆・麹を味見
    ② 麹と塩を混ぜる
    ③ 大豆をつぶす(ミンチミキサー)
    ④ 大豆と①を合わせ,たね水を入れ混ぜる
    ⑤ 1つ1つ団子状に丸める
    ⑥ 樽に丸めた味噌玉をしっかりと押し詰め仕込む
    ⑦ 講師・地域の方々へ子どもたちよりお礼を伝える。
    (出来上がった味噌は,一旦田島屋さんへ)

この活動を行って

  • 26年度27年度と続けて味噌作りを行っており,「毎年続けて欲しい」という声が上がっていましたが,28年度は,学校行事との兼ね合いが上手くいかず断念。29年度はどうするか迷ったが,「今年は是非開催して欲しい」「子どもたちが楽しみにしている」「自分で作った味噌が美味しい」という声が多く上がり,今年は開催。当初から掲げている「食」「手作り」への関心が深まってきていると実感した。
  • 味噌の歴史,味噌が出来るまでの工程,栄養面など,普段なかなか聞くことが出来ないお話しを聞くことができ,子どもたちも興味津々だった。
  • 3年生は,授業で習う「すがたをかえる大豆」と実践的に結びつける事ができた様だった。
    ・地域の方々も積極的に参加してくださり,子どもたちも,地域の方々との交流を楽しんでいた。
    ・小学校の協力のもと,土曜日に開催させていただけたので,父親・祖父母の参加もあり,家族のよい思い出づくりになったように思う。また,片付けなど,積極的に協力してくださった。
    ・出来上がった味噌を,ぜひ子どもたちと一緒に調理し,手作りの良さ,色々な方々と活動した楽しさを思い出しながら味わって欲しい。

成果・課題

毎回課題に上がる,受付開始時間などは,対応する人数・進め方は,前年度のやり方を参考に進めたので特に問題はなかったが,誘導の際,少し分かりにくい様だった。また参加者の集まりが,ギリギリの方や遅れてくる方が多く,地域の方々や早く来てくださった方,味噌屋さんをお待たせする事になったので,誘導・集合時間の改善が必要に思った。
このような体験から,もっと色々な方に手作りの良さ・楽しさを知っていただきたいので,もっと多くの方に参加していただけるような企画をしていきたい。

赤ちゃん抱っこ~いのちのぬくもりから学ぶこと~(城西中学校PTA)

赤ちゃん抱っこ~いのちのぬくもりから学ぶこと~(城西中学校PTA) 赤ちゃん抱っこ~いのちのぬくもりから学ぶこと~(城西中学校PTA)

実施校名(単位PTA名)城西中学校PTA
実施日平成29年9月21日(木)
場所城西中学校3学年各教室
対象・参加人数300名(3学年生徒、保護者、地域関係者)

活動内容

<目的>

本校での赤ちゃんとのふれあい授業も3年目を迎えます。常に生徒たちに気づき感じてほしいと考えている“自分の命を大切にする心は、人を思いやる心につながる。”そんな体験の一つとして、赤ちゃん抱っこの授業を継続しています。自己肯定感を持ち、同級生も同じく大事な存在だという気持ちを育んでもらいたい。

<内容>

赤ちゃんとのふれあい授業

この活動を行って

校区の公民館・保健所・幼稚園などを通し、地域に住む3か月~1才の赤ちゃんとパパ・ママに来校していただき、班ごとにふれあい交流を持ちます。実際に赤ちゃんを抱っこさせてもらい、育児の大変さや赤ちゃんへの想いなどママのリアルな声を聞きます。生徒が日頃接することのない、母子との交流を通して、幼児連れの母に思いやりの気持ちを伝えるなど、互いに少しでも理解を深めている様子を見受けることが出来て有意義な授業でした。

成果・課題

赤ちゃんとのふれあい、若いママとの交流から、自分に注がれてきた今までの愛情を再確認する子。育ててくれた事への感謝の心を持つ子。それぞれ何かを感じる機会になっています。活動終了後、ママと生徒に感想を出してもらい書面にまとめ、協力いただいた母子・校区の保健所・公民館等に配布します。この様に、普段交流のない世代であろう中学生との交流は地域の世代間交流になります。また 生徒は、自分の保護者へこの活動を通して感じたことを手紙にして渡すことで、親子間のコミュニケーションの一つにもなっています。

校内清掃~みんなでトイレをピカピカに!~(板付小学校PTA)

校内清掃~みんなでトイレをピカピカに!~(板付小学校PTA) 校内清掃~みんなでトイレをピカピカに!~(板付小学校PTA)

実施校名(単位PTA名)板付小学校PTA
実施日平成29年9月2日(土)
場所板付小学校
対象・参加人数65名(保護者)

活動内容

<目的>

  1. 普段子どもたちが使用している学校の設備(主にトイレ)を清掃し、保護者の学校への関心を高める。
  2. 活動を通じ、保護者間のコミュニケーションを図る。

この活動を行って

保護者に学校の設備を知ってもらう良い機会になったのではないかと思う。「子どもたちはいつもこんな風にして掃除しているんだね。」「この高いところは子供には無理だから、今日私たちがきれいにしておきましょう。」「用具が少ないようだから、学校と相談して委員会の活動費から買いましょう。」などの声がたくさん聞かれた。
また、異学年の保護者間での交流も生まれ、普段は話したことがない保護者とも楽しく会話しながら清掃活動ができたように思う。
今年は、土曜学習の日に開催したこともあり、父親の参加が多かった。ふだん、学校に来る機会がほとんどない方にとって、いい機会になったのではないかと思う。
子どもたちにとっても、自分たちの親が学校の設備に関心をもち、トイレがきれいになって、新しい気持ちで2学期が迎えられたことだと思う。

成果・課題

  • トイレがきれいになって、清潔な環境でこどもたちが過ごすことができる。
  • こどもと親が清掃の大切さを話すいい機会になった。
  • 保護者の小学校への関心が高まった。
  • 保護者間の交流ができた。
  • 学校の清掃用具の劣化、不足
  • 参加人数が増えれば、トイレだけではなく他の普段できないところの清掃もできると思う。

お相撲集会(南福岡特別支援学校PTA)

お相撲集会(南福岡特別支援学校PTA) お相撲集会(南福岡特別支援学校PTA)

実施校名(単位PTA名)南福岡特別支援学校PTA
実施日平成28年11月28日(月)
場所学校 体育館 ランチルーム
対象・参加人数相撲部屋関係者25名、PTA25名、児童・生徒140名、教職員120名、地域の方20名

活動内容

<目的>

日本の国技である相撲の取り組みを見たり、お相撲さんと触れ合ったりして相撲に興味関心を持つ。
お相撲さんとの触れ合いを楽しむことが出来る。

<内容>

  1. 高田川部屋 親方含む25名の力士紹介
  2. 相撲についての説明(行司 式守勘太夫)
  3. 練習や取り組みを見る
  4. お相撲さんと子どもたちとの触れ合い
    ・先生と一緒に一人ずつ順番に前に出てお相撲さんと対戦する。又はお相撲さん1名対子ども2名などの複数での対戦もあり。一緒に写真を撮るなどする。
  5. お礼の言葉(生徒会長・学校長)

*相撲集会のあとはお茶やお菓子などを準備してお相撲さんに休憩していただく。

この活動を行って

普段はテレビの中でしか見れないお相撲さんのその大きな身体に触れたり、一緒に写真を撮る などして身近なところで感じることが出来た。
大きな身体にも関わらず、柔軟さを知ることが出来、毎日の積み重ねが大切だということを知ることが出来た。
お礼の品(高等部 作業学習作品)を渡す際には子供たちそれぞれの表現方法でお礼の気持ちを表すことが出来ていた。

成果・課題

  • 子供たちがお相撲さんの大きさに少し驚きながらも、触れ合っていく中で笑顔が多くなり楽しむことが出来ていた。
  • お相撲さんとの触れ合いの途中から一斉に動き出し収拾をつけるタイミングが取りにくかった。行司さんと時間の打ち合わせが必要。
  • 例年と違うお相撲さんの動きがあったので、お茶の提供から急遽PTAの役員も一緒に入り茶話会となった。臨機応変に対応することが出来て良かった。
  • 子供たちの貴重な体験の場なので今後も引き続き活動を行っていく。

学校に泊まろう!(防災・避難所体験)(内浜小学校PTA)

学校に泊まろう!(防災・避難所体験)(内浜小学校PTA) 学校に泊まろう!(防災・避難所体験)(内浜小学校PTA)

実施日平成28年11月11日~12日
場所内浜小体育館
対象・参加人数小学生児童25名、中学生1名、幼児3名、PTA31名

活動内容

<目的>

平成28年4月に熊本大地震が起き、福岡でも大きな揺れを体験した。地震などの災害は他人事ではなく、いつ自分の身に降りかかるかわからないと痛感した。子どもたちと共に防災について学び、意識を高めていくことを目的とする。

<内容>

(1)避難所体験

  • 「避難」に必要な物を各自で考え持参してもらい、避難所での生活を体感してもらう。
  • 段ボールを使用して一晩眠る場所を作る
  • アルファ米を夕食として提供し、非常食を試食する。

(2)防災についての討論

  • 講師に消防士を招き、ワールドカフェスタイルでの討論。
  • 今回の体験についての発表

この活動を行って

23世帯、60名での活動となった。段ボールを使用した就寝スペースづくりでは、各家庭親子で協力しながら作成することができた。子どもたちもアイデアを出しながら活動していた。また、他の家庭が作成しているものを参考にして工夫を加える姿も見られた。
 ワールドカフェスタイルでの討論では「1週間後に大地震がくるとしたら、それまでどのようにすごしますか?」というテーマを講師に与えられ、2~3世帯のグループで討論を行った。最初は戸惑っていた参加者も子どもたちの自由な意見をきき、大人も子どもも活発に意見を出す姿が見られた。

成果・課題

  • 一晩とはいえ体育館ですごしたことで、何ヶ月も避難所生活をおくっている被災者の方の状況が大変なものであることが痛感できた。
  • あらたな交流の場となり、保護者も子どもたちも連帯感を感じることが出来た。
  • 実際の避難所では水も電気も使えない状態が考えられるので、もっと厳しい環境での避難所体験の実施も考えたい。
  • 実際の避難所では被災者も運営に当たるようになると考えられるので、参加者にも避難所での役割を分担してもらう工夫が必要であった。

月曜日に行きたくなる学校~美化プロジェクト~(東吉塚小学校PTA)

月曜日に行きたくなる学校~美化プロジェクト~(東吉塚小学校PTA) 月曜日に行きたくなる学校~美化プロジェクト~(東吉塚小学校PTA)

実施校名(単位PTA名)東吉塚小学校PTA
実施日平成28年4月~11月
場所東吉塚小学校
対象・参加人数小学校児童40名、PTA50名、地域ボランティア20名

活動内容

<目的>

これまで行っていなかった校内各所(塀・通路・校舎内等)の美化活動
及び活動を通じての保護者、児童との交流

<内容>

4月23日

  • おやじの会を中心とした学校外壁ブロック塀の塗装作業と描画

7月2日

  • PTA菜園の整備。花植え、種植え。

7月16日

  • グラント・コンクリート通路の塗装作業

10月22日

  • 校舎内壁の塗装作業と清掃作業

11月12日

  • PTA菜園の整備、種植え。
  • 花壇の整備、花植え。

この活動を行って

今まで着手出来ていなかった箇所への美化活動を行う事により、校内がより綺麗になり、当学校が掲げる「月曜日に行きたくなる学校」というスローガンに貢献する事ができた。また、保護者、教師、児童、地域住民の方等たくさんの方の協力を得る事で、コミュニケーションの重要性を感じる事が出来た。

成果・課題

  • ブロック塀塗装では、児童が積極的に参加し、楽しんで作業を行う事が出来た。
  • PTA、児童とも地域の方との交流を深める場になった。また男性保護者同士の交流の場にもなった。
  • 日程によっては作業ボランティア人数不足となる事があり、募集方法を検討する必要がある。
  • 児童たちの活動作業や関わりを更に増やして行けるよう試みたい。

賀茂サマーキャンプ2016(賀茂小学校PTA)

賀茂サマーキャンプ2016(賀茂小学校PTA) 賀茂サマーキャンプ2016(賀茂小学校PTA)

実施校名(単位PTA名)賀茂小学校PTA
実施日8月19日(金)15時~20日(土)12時
場所賀茂小学校
対象・参加人数児童・PTA会員・地域 約40名

活動内容

<目的>

  • 保護者参加型のおとまり会とし、今まで以上に、校区の繋がりを強化し、活性化させる。
  • 社会教育の一環として、避難生活時の食環境と住環境を疑似体験させることで、災害時に生きるための力を育む。

<内容>

一日目

  • 賀茂ウォークラリー
  • 防災ワークショップ
  • 夜のイベント

二日目

  • 防災イベント

この活動を行って

度重なる討議の結果、初めて行う「おとまり会」だった為、参加対象を高学年とその保護者に絞りました。参加した児童は高学年という自覚と共に、学校又は地域においても、リーダーであるという意識が芽生えたように感じました。また、高学年以外の児童とその保護者には、協力員というかたちで参加して頂き、泊まりはしませんでしたが、一緒に学び、一緒に体験し、一緒に食事をし、みんなで楽しく過ごす事ができ、日頃関わりのない異学年の親子で一緒に過ごす最高の時間となりました。

成果・課題

防災に関して、いろいろな講師の方に、参加して頂きました。一日目は、まずチームに分かれて校区内の避難場所を回りながら、危険個所を探すウォークラリーをしました。その後、水消火器を利用した消防訓練。防災ワークショップは、今まで親子で学ぶ機会はほとんどなかったので、新鮮に感じました。又、二日目の防災イベントでは保護者は救命救急、児童は着衣泳の指導をして頂きました。このことがきっかけで、自分たちにも守れる命、自分たちにも助ける事ができる命があることを改めて知りました。今回は高学年に絞りましたが、来年度から少しずつ参加学年を広げていき、今まで以上に、人と人との繋がりを広げていくことが、今後の課題と捉えています。

キャリア教育講演会 「イメージする。かたちにする。」(青葉中学校PTA)

キャリア教育講演会 「イメージする。かたちにする。」(青葉中学校PTA) キャリア教育講演会 「イメージする。かたちにする。」(青葉中学校PTA)

実施校名(単位PTA名)青葉中学校PTA
実施日平成28年6月4日(土曜日) 10:30~12:00
場所青葉中学校体育館
対象・参加人数全校生徒413名、 教職員27名、保護者74名、PTA役員10名

活動内容

<目的>

キャリア教育の一環として、各界で活躍している方を招聘し、働くことの喜びや厳しさを学ばせることで、生徒の学校生活や学び、進路選択に向けて、はっきりとした目的意識を持たせる。

<内容>

〈講師〉株式会社ランハンシャ代表取締役社長 CGディレクター 下田 栄一 氏
演題「イメージする。かたちにする。」
*該社はコマーシャルにおけるCG制作ならびに東京駅・ハウステンボス等におけるプロジェクションマッピングで有名な会社です。

  1. 制作されたコマーシャルの紹介
  2. 作品になるまでの過程とイメージの大切さ
  3. 生徒3名出演によるコマーシャル作品制作
  4. 仕事をするきっかけとなった大学時代
  5. 基礎力の大切さ
  6. いろいろな経験を積むことの大切さ等

この活動を行って

  1. 1時間半の講演でしたが、興味ある話を聞くことができた。
  2. 仕事の受注から実際に作品になるまでの過程を聞くことができ、実際に撮影スタッフが生徒の動画を撮影し、コマーシャルになるまでを学ぶことができました。
  3. いろいろな経験と興味を持つことの大切さを学ぶことができました。

成果・課題

講演会後のアンケート調査集計結果

  1. 講演会に参加して、良かったと思いますか?
    とても良かった68%、良かった21%
  2. 講演会の内容を理解できましたか?
    よく理解できた53%、まあ理解できた37%
  3. 講演会の内容は、期待通りでしたか?
    期待以上だった48%、期待通りだった26%
  4. 講演会の内容は、役に立ちましたか?
    大いに役に立った26%、役に立った53%
  5. 今後取り上げて欲しいテーマがありましたらお書き下さい。
    普段見ることの少ない職業の方のお話し等
  6. 講演会で興味深かった内容及び全体の感想について
    ・プロジェクションマッピングが興味深かった。
    ・PCでのCG制作は楽しいことだと思った。
    ・新しい仕事への挑戦、取り組み(勇気)が素晴らしいと思った。

アンケート調査の結果から、講演会の内容をよく理解し、興味深い話を聞けてためになったという意見が多かった。将来、仕事をする上での意識付けができたと感じ取られる。

餅つき体験~地域との絆を深めよう~

餅つき体験~地域との絆を深めよう~ 餅つき体験~地域との絆を深めよう~

実施校名(単位PTA名)福岡市立能古中学校父母教師会
実施日平成27年12月24日
場所能古公民館
対象・参加人数生徒・PTA・地域関係者
約100名

◇活動内容

<目的>

地域の方々との交流を通して、親睦を図りながら地域との絆を深め、食物の大切さ、勤労の大切さ、感謝の心を育てる。また、日本の伝統行事である餅つきの技術や道具の使用方法などを学び、伝統の継承を行う。

<内容>

※事前に地域関係者(老人クラブ常磐会)との打ち合わせと、二年生を中心に、道具・材料等の準備をしておく。

13:00 PTA会員及び地域関係者集合・準備
13:30 生徒集合
13:40 開会式
14:00 餅つき開始
14:50 餅つき終了・会食開始
15:40 会食終了・閉会式
16:00 片づけ・関連施設配布
17:00 完全下校

◇この活動を行って

3学年を縦割りで3つのグループに分けて活動を行なったところ、各グループともに3年生がそれぞれの役割を必要とする場面やみんなで協力する場面ごとに的確にリーダーシップを発揮する姿に、改めて能古中らしい仲の良さを実感した。

地域関係者の方々と積極的にコミュニケーションを図り、餅つきの一連の作業を意欲的に教わりながらも時折こぼれる生徒たちの笑顔のおかげで
終始和やかな雰囲気で開催することができた。

生徒会を中心に開会式や閉会式を行い、その中で述べられた言葉は地域の方々への感謝で包まれており、日頃の感謝を伝えられた機会となったことは非常に良かった。
 この活動を行って、老人クラブの方々が生き生きと楽しまれ、生徒たちからの感謝の思いを喜んでいただいた姿がとても印象的だった。この活動が地域の活性化に繋がることを期待したい。

◇成果・課題

餅つきの準備から始まる一連の作業を体験することで、食べ物の有り難さ、勤労の大切さを学び、このような日本の伝統を重んじる心を育む機会になった。

PTA会員(保護者)や地域関係者(老人クラブ)との交流から生まれる感謝と故郷への愛着が実感できた生徒が多かったように思う。
また、日頃の教室では垣間見れない先生方の一面もあり、教師と生徒間にも良い関係が生まれたのではないかと思う。

引き続き、学校・地域・PTAで連携する活動を行うことでより強い絆で結ばれ、能古島の更なる明るい未来を築いていくことが課題である。

元気いっぱい・花いっぱい

元気いっぱい・花いっぱい 元気いっぱい・花いっぱい

多々良中学校PTA

実施日平成27年6月~平成27年12月
場所多々良中学校 玄関前、北側花壇
対象・参加人数生徒、PTA会員
一学期、二学期延べ500人

◇活動内容

<目的>

四季を通じて楽しめる花壇作りを行うことにより気軽に立ち寄って頂けるような学校の雰囲気作りにつなげる。

◇この活動を行って

花植え当日もさることながら事前の堆肥作り、その他準備等厚生委員さんを中心に先生方の協力のもとお天気にも恵まれ一学期、二学期ともに無事に花植えを行うことが出来た。 生徒には部活単位で沢山参加頂き先生方、保護者一体となり短時間で清掃から花植えまでこなすことが出来た。
普段話す機会がない方とおしゃべりしながら の作業は親も子も日常の忙しさを忘れて過ごすいい気分転換にもなったのではないか。

<内容>

一学期の花
ペチュニア、マリーゴールド、ガザニア、メランポジューム、百日草

二学期の花
シバザクラ、チューリップ、パンジー、キンセンカ、金魚草、プリムラ、デイジー

一学期、二学期共に土曜日の午前中、部活動の生徒と共に事前に厚生委員さんにより配置図を作成してもらった物を貼りだし分担作業にて除草、清掃の後に花植えを行い最後に水をまき終了。

◇成果・課題

生徒も先生も楽しそうに活動していて、普段学校に来る機会の少ない親も自然と溶け込むことが出来とてもいい雰囲気だった。当日の作業時間が限られており堆肥作りなど事前準備の厚生委員さんの負担が大きく今後の課題である。三学期は花植えは行わず除草、清掃が中心となるのでさらに沢山の親子で環境整備が出来るように声かけし来年度に生かせるように作業を進めていきたい。これからの卒業式、入学式にて綺麗に咲く花と一緒にお祝い出来るのが楽しみだ。