小・中・特別支援学校PTA代表者会

博多区 東吉塚小学校PTA

企画表題:“一つしかない命”見つめ直しませんか?子どものこころとからだ
担当責任者:東吉塚小学校PTA 副会長 浦丸 美佳
実施期間:平成22年6月~平成23年3月末

参加人数:
①講演会240名
②~④吉塚中生徒348名 吉塚小児童379名 東吉塚小475名 教職員・保護者・地域190名

活動内容

目的

○校区の子どもたちの生活習慣の実態調査をするとともに,「早寝・早起き・朝ごはん」運動のより一層の定着に向け,保護者の意識を高める。

○小学校,中学校の連携事業として活動することで,単年度で終わりにせず,「生まれてから中学校卒業までの一人ひとりの子どもの育ちを大事にする」PTA活動として,3校の連携充実,発展を図り,地域全体で取り組む意識を高める。

活動内容

①食育に関する保護者向け合同講演会の実施

テーマ:「“一つしかない命”見つめ直しませんか?子どものこころとからだ」
日程:平成22年10月7日 14:00~16:00
講師:内田美智子先生(助産師)
場所:吉塚中学校 体育館
参加:240名

早寝・早起き・朝ごはん 啓発運動

・ 校区内,幼稚園,保育園,公民館,小・中3校等にて啓発用のぼり旗の設置
・ 講演会ポスター,チラシの配布 
・ 啓発運動用Tシャツ(早寝・早起き・朝ごはんロゴ,3校の校名入り)の作成
 
博多区 東吉塚小学校PTA

内田先生の講演会の様子

①花いっぱい,夢いっぱい運動
各校にて,花の種苗を保護者の協力のもと植え,心と体そだちの環境整備を行った。

博多区 東吉塚小学校PTA

博多区 東吉塚小学校PTA

東吉塚小・吉塚小の活動の様子

①ふれあい活動 
9月9日博多区一斉ふれあい活動において,吉塚中学校1年生と吉塚小学校6年生,東吉塚小学校6年生が協力して,校区内の4公園について清掃活動を行った。

博多区 東吉塚小学校PTA

ふれあい活動の様子

②実態調査アンケート
9月度県一斉の「早寝・早起き・朝ごはん」アンケートを小学生,中学生別に集計し,講演会を終えた11月に再度アンケート調査をし,分析を行った。

博多区 東吉塚小学校PTA

小学生の集計結果

朝食を「食べた」の割合は9月・10月ともに90%以上であった。
起床は,6:30-7:00が一番多く,就寝は,9:30-10:00が一番多かった。

博多区 東吉塚小学校PTA

中学校の集計結果

朝食を「食べた」の割合は9月・10月の割合は,90%程度となっている。
起床は,6:00-6:30が多く,就寝は,9:30-10:00が多かった。11月は,定期考査のため11時以降が多くなった。
小学生・中学生ともに,提出率は50%-60%程度である。提出率を上げる啓発が必要である。


成果と課題

成果

・活動をとおして,校区小中連携体制の基盤をつくることができた。また,内田先生の合同講演会を行ったことで,参加した保護者の生活習慣改善についての意識が高まった。「早寝・早起き・朝ごはん」実態アンケートの結果から,提出率が低い(=意識の低さ),子どもたちの基本的生活習慣改善の必要があることがわかった。

課題

・ 実態調査アンケートの回収率を上げるための手立ての工夫が必要である。
・ 保護者への意識改革・向上のため,講演会、簡単レシピ紹介、早寝・早起き・朝ごはんの効果等,啓発活動を3校が連携を深め,継続していく必要がある。
・ 次年度以降,子どもたちへの啓発活動(講演会,講義,クッキング実践等)も必要である。また,未就学児とその保護者に対する啓発も校区内幼稚園,保育園と連携したい。 

原中央中学校PTA

早良区 原中央中学校PTA(在校生数:502人)

企画表題:あいさつから始めよう!

実施期間:平成22年5月~平成27年3月
参加人数:校区内全世帯(約10000世帯)

活動内容

目的

①報道されている事件の多くは、実はコミュニケーション不足から起こっているように感じる。あいさつ運動をすすめることで犯罪が減った町があるというのに、残念なことにわが校区では、年々あいさつをしない子、そして大人が増えている。「目を見てあいさつをする」という人として当たり前のことを、まずは家庭のなかから定着させたい。そして学校のなか、地域のなかでもあいさつが自然にできる子どもに育ってくれることを願って、まず私たち大人があいさつの手本を示す。

②あいさつの『輪』が原中央中学校区の『和』につながり、子どもたちの安心・安全な環境づくりにつながる。あいさつの声が聞こえる明るい校区になることを目標に、気長に地道に活動を続ける。

活動内容

1.あいさつ運動

①9月より毎日、中学校の校門前 (あいさつノートの設置、参加人数の集計)
②1月・2月各3日間のあいさつ週間実施 腕章を配付し、校門前だけでなく校区を移動する際(買い物、出勤等)にも着用してもらい、あいさつを地域全体に広める。

原中央中学校PTA

2.保護者への啓発

①新聞を発行し、協力の呼びかけ
②アンケート実施

3.生徒への啓発

①標語・ポスター・イメージキャラクター、ロゴマークの募集・表彰
②アンケート実施

4.地域への啓発

①横断幕・のぼり・横断旗の作成
②ちらし配付
③地域・小学校との連携

5.長期計画

初年度 - 計画・周知・始動
2年目 - 評価・浸透
3年目 - 改善・拡大
4年目 - 継続・再計画
5年目以降 繰り返し

成果と課題

1.あいさつ運動(あいさつノート、出席簿で統計)

9月1日~12月24日現在 延べ 540人を越える保護者が朝のあいさつ運動に参加。
子どもたちは、9月当初に比べ、あいさつを返す子、自分からあいさつする子、目を見てあいさつする子が増えた。

<あいさつノートの感想には・・・>(参加した保護者)
・ あいさつに対して、快く返してくれると気持ちいいですね。子どもたちから先にあいさつをしてくれるようになったらいいですね。
・あいさつ運動が始まって4週間たち、初めて参加した私より、子どもたちの方が慣れているようでした。たくさんの子どもとあいさつが交わせてすがすがしい気持ちになりました。
・11月になって寒くなってきましたが、あいさつはちゃんとしてくれるのでうれしいです。もう少し、あいさつ運動に参加してくださる保護者が増えるといいですね。
・私も久々のあいさつに出ましたが、寒いなか子どもたちのあいさつの声にこちらも元気をもらいました。ギリギリの登校が目立ちました。

課題

まだ、実質100名弱(20%)の保護者の参加である。まず朝のあいさつ運動への参加者をどうやって増やすか。徐々にすそ野は広がっているので、強制せずに呼びかける。

2.新聞の発行 (別添資料)

9号発行。当番表を記載。子どもたちへの呼びかけ効果を狙い、4コマ漫画の掲載。

3.生徒たちへの作品募集

応募者は予定より少なかったが、応募作品を掲示し、優秀作品を全校生徒の前で表彰した。生徒たちから応募しなかったのを残念がる声がたくさん聞かれた。来年度募集するならば、多くの作品が寄せられるだろう。(49作品 実質35名の応募)

4.アンケートの実施・・・結果資料添付

生徒向け・保護者向けのアンケート実施
生徒 98%、保護者44%の回収率。質問の答えを見ると、あいさつへの意識はかなり高い
という結果が出たが、実際に行動している方は少ない。最後の「あいさつ運動を広めるよ
いアイデアは?」という質問に多くのユニーク、貴重な意見が寄せられた。

5.地域への啓発

横断幕、のぼり、横断旗、腕章の作成・・・最優秀作品を使って作成した横断幕の評判が
よい。テーマカラーをピンクとし、作成した。「めずらしい色ね。」と腕章、のぼりの評判もよく、活用してもらうように呼びかけている。
ちらし・・・現在、試作段階で年度末までに作成、配付予定。

6.地域との連携

①原、大原校区の自治協議会は以前より個別にあいさつ運動を展開しているため、学校近くの場所では一緒に朝のあいさつ運動を行っている。
② 1月より校門前だけでなく、小学校区各1箇所でも実施している。2月以降は、協議のうえ、今後の連携の形を決める。

今後の課題

朝のあいさつ運動では、一日の参加人数は多くはないが、学校全体では徐々にすそ野が広がっている。『あいさつは大切だ』と思われる保護者や子どもたちの気持ちをそのまま行動に結びつけていただけるように、新聞を媒体として呼びかける。アンケートでのご意見やアイデアをいかして、保護者が参加しやすい方法や形態を模索しながら、今後もあせらず気長に運動を展開して行く。2年目から、浸透を課題として地域への呼びかけ、小・中学校との連携を図る。 

平成21年度 小学校PTA会長研修会

日時:平成21年11月6日(金) 18時30分~21時
場所:ソラリア西鉄ホテル
講師:福岡県警察本部生活経済課 情報技術犯罪係 谷川 亨氏・平田 博明氏
演題:ネット犯罪から子どもを守れ! ~情報モラルの考え方~

今年度の小学校PTA会長研修会は「ネット犯罪」や「情報モラル」についての講演が行われました。

平成21年度 小学校PTA会長研修会

はじめにインターネットなどの情報技術を悪用した犯罪(サイバー犯罪)が増加していることにふれられ、情報モラルの浸透していない子どもが特に被害に遭いやすいことをあげられました。

次にインターネットへの書き込みについて「ネット上での犯行予告は犯罪であり、子どもが書き込んだいたずらであっても刑事責任を問われます」とのお話に参加者の多くは驚いた様子でした。

また、学校裏サイトなどへの誹謗・中傷・個人情報の書き込みがいじめにつながるケースが後を絶たないことについても話されました。

そして、保護者に対し「子どもに携帯電話を与えるのは子どもが有害情報にふれる機会を増やすことを自覚し、フィルタリングを活用するなどした上、親子でルールを決めて使用することで子どもを守ってください」と要望されました。

講演後は活発に質疑応答がなされ、そのなかで、最寄りの警察署で子ども向けの講演も受け付けていることや、情報セキュリティ対策DVD『アクセスの代償』を貸し出すほか、広報活動が行なわれていることも説明され「有害サイトを発見した場合などは、下記へご連絡をお願いします」とのお話で研修会が終了しました。


インターネット上の違法・有害情報を発見した場合は、下記へ情報提供をお願いします。

連絡先

福岡県警ホームページ
http://www.police.pref.fukuoka.jp

インターネット・ホットラインセンター
http://www.internethotline.jp

サイバー犯罪に関する被害相談や通報を下記で受け付けています。

連絡先

福岡県警 総合相談窓口 TEL : 092-641-9110


情報化社会の現在、ネット犯罪から子どもを守るのは私たち大人であることを再認識した研修会でした。

平成21年度 中学校・特別支援学校PTA会長研修会

日時:平成21年10月27日(火) 18時30分~21時
場所:ソラリア西鉄ホテル
テーマ:「PTA活動を通して見えてきた課題と対応」

今年度の研修会は、A「地域と家庭は連携しているか」・B「学校は地域と連携しているか」・C「家庭は学校と連携しているか」の3つのサブテーマに分かれ、テーブルディスカッションが行われました。

平成21年度 中学校・特別支援学校PTA会長研修会

各テーブルとも、サブテーマに沿って活発なディスカッションが行われ、会の最後にはサブテーマごとの発表があり「家庭力をあげるため、単位PTAができることは何か?」、「家庭・学校・地域、おたがいの情報の共有が大切」、「PTA役員と学校の連携はできているが、各家庭と学校との連携はむずかしい」などの意見がありました。

平成21年度 中学校・特別支援学校PTA会長研修会

課題も多く出された研修でしたが、今後もPTA会長を中心にして連携のとれた活動をめざしていただければと思います。

平成21年度 特別支援教育啓発研修会

日時 : 平成21年10月13日(火)10:30~12:30
場所 : 福岡市民会館ホール

今年度も特別支援教育と障がいのある子どもたちへの理解を深めていただくため、「特別支援教育啓発研修会」が開催されました。

講師に、地球防衛隊 バンブー 所長の吉岡 一博氏をお迎えし、『この子らに教えられて』と題してご講演いただきました。

吉岡氏は生まれて間もないお子さんに障がいがあることが分かり、大変ショックを受けられたそうですが、「この子の生まれた意味を考えたとき、『障がいがあるから』ではなく『障がいがあっても』という生き方をさせたいと思った」と話され、障がいのないお子さんたちと同じように子育てをされたそうです。

また、「障がいのある子はそれぞれに時計をもっており、自分にとって正しい時間を刻んでいる」と言われ、「わが子を信じて待ち、サポートしてほしい。それができるのは親しかいない。自分も障がいのある子どもの親になって子どもから教わった」とご自身の経験を交えながらお話いただきました。

お話の合間には歌も歌っていただき、最後はバンブーの仲間のみなさんで手話による曲も披露してくださいました。

平成21年度 特別支援教育啓発研修会

この研修会をとおして、特別支援教育や障がいのある方への理解がより一層深まることを願うとともに、単位PTAでの活動でも思いやりの輪を広げていきたいと思います。

特P連総会・研修会

総会

日時:平成21年5月15日(金) 10:00~12:30< 場所:福岡市 発達教育センター(第1研修室) 内容:国分会長のあいさつから始まり、来賓の祝辞・紹介後、議事に入りました。 議事は全て承認され、新役員紹介・あいさつで終わりました。


研修会

講師:浄土真宗 本願寺(西本願寺) 僧侶 寺本 悦子 氏
演題:「みんなちがって みんないい」

講話:お子さんは発達障がいがあり、特別支援学校の卒業生です。波瀾万丈の子育て話に涙ぐむ保護者もいました。『人との“縁”の大切さ』『“愛”の反対語は“憎しみ”ではなく、“無関心”である』『“親”という字は、木の上に立って見るのではなく、“辛い”ことを見るということ。子どもが辛いときに一緒に泣いたりすることである』など共感できるお話でした。

平成20年度 中学校・特別支援学校PTA会長研修会

日 時 : 平成20年11月6日 18:30~
場 所 : ソラリア西鉄ホテル
テーマ : 「PTA会長の役割を考えよう」

 

平成20年度 中学校・特別支援学校PTA会長研修会

 

今年度の研修会は「PTA会長の役割を考えよう」をメインテーマに、組織課題『活動を活性化するために』、地域課題『活動を広げるために』、学校課題『生徒たちの健全な育成のために』の3つのサブテーマに分かれテーブルディスカッションが行われました。

 

平成20年度 中学校・特別支援学校PTA会長研修会 

 

各サブテーマについて1グループずつ、各校の実践報告として、バザーやスポーツ交流会、パトロールなどの発表があり、情報の共有化を図りました。その後の情報交換会では、研修会で足りなかった議論がより一層深められ、テーブルを越えて、区を越えての交流も盛んに行われました。 

 

予定時間を超過するほど熱い『研修会・情報交換会』はさまざまな行事に参加し、学校と地域をつなぐ活動への期待の言葉で閉会しました。今回の研修会を今後のPTA活動にいかしていただければと思います。

 

映画 「朋の時間~母たちの季節」

日 時 : 平成20年10月17日(金)10:30~12:30
場 所 : 福岡市立少年科学文化会館
内 容 : 映画「朋の時間~母たちの季節」上映
         西山 正啓監督の講演

 

この映画は、横浜市にある通所施設「訪問の家 朋」に通う重度・重複障害のある人が地域の中で暮らす姿を西山監督が約4年間かけて撮ったドキュメンタリー映画です。

 

映画 「朋の時間~母たちの季節」

 

「朋」には医療を必要とする人たちが多く、すぐ病院へ連れて行けるように枕元に入院準備をしたバッグを置き、パジャマを着ないで普段着のまま就寝することを何年も続けている母親や「神様が普通の子と取り替えてあげると言っても断る。この子がいい。」と言いきる母親もいます。

 

映画 「朋の時間~母たちの季節」

 

障がいの有無に関わらず、わが子に寄り添い、愛しく思う気持ちは同じであると感じました。また、障がいのある人も自分のできる限りの方法で喜びを表す、家族や地域などいろいろな人の支援を受けて精一杯生きている姿を見て、「命」というものを改めて考えるきっかけとなる映画でした。

 

映画 「朋の時間~母たちの季節」 公式ホームページ

 

小学校PTA会長研修会 「ネットの闇から子どもを救え!」

日 時 : 平成20年10月10日(金)18:30~
場 所 : ソラリア西鉄ホテル
講 師 : 井島 信枝 氏 「子どもネット会議所」
演 題 : 「ネットの闇から子どもを救え!」~有害サイト・ネット犯罪から子どもを守るために~

 

PTA会長としての研修や情報交換をしながらお互いを高め合うことを目的として小学校PTA会長研修会が開催されました。

 

小学校PTA会長研修会

 

第1部では井島氏に「ネットの闇から子どもを救え」と題してお話しいただきました。子どもたちの携帯電話やインターネットの無防備な使用による危険性について具体的に教えていただき、改めてインターネットの怖さを実感しました。しかしながら、現代の情報社会ではインターネットは大変便利な存在であることは明らかで、そのために保護者としてどう関わっていくか、心構えやポイントなどについてお話いただきました。

 

第2部では講演会の内容をもとにお互いの情報交換や各学校でのPTA活動の様子など活発にテーブルディスカッションが行われました。参加者からは「今日のような講演会を自分の学校でも開催して保護者や子どもたちにネットの怖さを教えていくことが大事だと思う。」という声も聞かれました。

これからPTAとして子どもたちのために何ができるか、何をしなければいけないのか、考えさせられる研修会となりました。
 

※インターネットとの上手な付き合い方のポイントなどを講演の中から抜粋しましたので参考にしてください。 

 

■携帯電話やインターネットの使用制限方法などを学び、親子でルールを決める
■自宅のパソコンにフィルタリングソフトなどを使用することで子どもたちの有害サイトへのアクセスを制限できる
■子どもたちがネット犯罪に巻き込まれたり、ネットによるいじめにあった場合にひとりで悩まず、親や先生に相談できるような環境作りを心がける。そのためには日頃から家庭でのコミュニケーションや学校との連携が大切である

 

特別支援学校PTA連合会 レクリエーション大会

日 時 : 平成20年6月28日(土)

場 所 : 南体育館

 

特別支援学校PTA連合会 レクリエーション大会

 

市内の特別支援学校8校が集まり、年に一度行われているレクリエーション大会が開催されました。

 

まず、準備体操と楽しいダンスで心と体をほぐしたあと、丈絆太鼓の迫力ある演奏が行われ、皆さん熱心に聞き入っていました。

 

特別支援学校PTA連合会 レクリエーション大会 

 

また、恒例の学校対抗綱引きでは、応援にも力が入り、各学校とも白熱した試合で大変盛り上がりました。レクリエーションをとおして、子どもたち、そして保護者と先生方の心がひとつになり、笑顔いっぱいの楽しい交流会になりました。