新任会長挨拶

平成二十四年度福岡市PTA協議会定期総会におきまして、会長を仰せつかりました「日髙政治」です。

平素より、皆様方には子ども達の健全育成の為に、ご協力を頂きまして、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

福岡市PTA協議会では、今年の活動目標を「とりもどそう、家庭の力」~見なおそう 家庭の中で できること~と、いたしました。

家庭教育は、全ての教育の出発点であり、子どもが基本的な生活習慣を身に付ける為の、重要な役割を担っております。その上で、学校・家庭・地域との連携を密にしながら、社会全体で家庭教育を支援し、学校教育の充実に寄与することを、目指したいと考えます。

先の東日本大震災でもこの三者連携の重要性が訴えられました。学校が避難所となり、学校単位での自治組織運営が余儀なくされました。さまざまな問題が生じました時に学校の内情に詳しいPTAの方々が中心となり、避難所運営にご尽力されたようです。その中でも日頃から地域と学校の良好な関係が関係が築けている校区では、非常に雰囲気の良い避難所運営が進んだとお聞きしました。今後はますます、PTAが核となり、学校や地域の方々を結ぶ架け橋として、その役割は重要性を帯びてくると思われます。勿論、それぞれの学校では、歴史・文化・風土が異なります。その地域の実体に応じた方法でより良いコミュニティーのあり方を見つけて頂ければ幸いです。

地域とともにある学校を目指し、今後の皆様のご活躍に期待いたします。

日髙政治

福岡市PTA協議会 会長 日髙政治