第5回 ストップ・ザ・非行 ふくおか 北九州市大会

日時 : 平成22年8月7日(土) 13:00 ~ 16:00
場所 : ウェルとばた 戸畑市民会館 大ホール
主催 : 北九州市PTA協議会・福岡県PTA連合会・福岡市PTA協議会 ( 主管:北九州市PTA協議会 )

 

【基調報告】

報告題 : 「 生まれてきてくれて ありがとう。」

講師 : 福岡県警生活安全部少年課 北九州少年サポートセンター
係長 少年育成指導官 (少年補導職員) 安永 智美 氏

 

【講演】   

演題 : 「信じ続ければ 子どもは応えてくれる」

講師 : (有)野口石油 代表取締役社長 ・ 福岡県保護観察所協力雇用事業主
少年警察指導委員 ・ 福岡県体育指導委員協議会会長 野口 義弘 氏

 

第5回 ストップ・ザ・非行 ふくおか 北九州市大会が、北九州市PTA協議会の主管にて開催されました。

 

第5回 ストップ・ザ・非行 ふくおか 北九州市大会

 

この 『 ストップ・ザ・非行 ふくおか 』 は、北九州市PTA協議会・福岡県PTA連合会・福岡市PTA協議会の三P協が『福岡県は1つ』の理念のもと、子どもの健全育成と非行の未然防止を目的に開催しています。

 

はじめに安永氏より、具体例をあげながら基調報告が行われ 「 子どもに拒否されつづけても、手を差しのべてください。心の居場所は家庭であるべき。 親からの『 いってらっしゃい 』 などのことばかけは、子どもが外に出たときに守ってやれる魔法のことばです。子どもたちが健やかに育つよう、たくさんの魔法のことばをかけてあげてください 」とお話いただきました。

 

第5回 ストップ・ザ・非行 ふくおか 北九州市大会

 

つづいて、非行歴や不登校経験のある少年たちに更生の機会を与えようと、ご自身の経営するガソリンスタンドで雇用されている野口氏が、雇用した少年やその親御さんからの手紙を紹介しながら 「 子どもは自分を助けてくれると思ったときに心を開いてくれると思う 」と話され 「 できる人・できない人がいるのだから、できないところはできる人がカバーすればいい。悪いところを叱るのではなく、できるところをみつけてほめてやることが大切。スタンドがつづく限り、これからも子どもたちとがんばっていきたいです 」とご講演いただきました。

 

第5回 ストップ・ザ・非行 ふくおか 北九州市大会

 

最後に大会宣言が読み上げられ、会が終了しました。

 

※なお、大会宣言はPDFにて添付しております。

 

pdf

第5回 ストップ・ザ・非行 ふくおか 北九州市大会(大会宣言)