平成22年度 いじめ防止出前講座

日時 : 平成22年9月14日(火)  14:00~16:00
場所 : 福岡市立原北中学校 音楽室
講師 : 学校法人 立花学園 立花高等学校 校長 齋藤 眞人氏
演題 : 「 いいんだよ 」 は魔法のことば

今年度より実施する 『 いじめ防止出前講座 』 が、福岡市立原北中学校で開催されました。

この出前講座は、福岡市PTA協議会の特別委員会である 『 いじめ防止委員会 』 が企画し、6月に開催校を募集、7月に抽選を行い、小学校2校(玉川小・南片江小)、中学校2校(原北中・友泉中)で開催されます。

齋藤氏は7年前に同校に赴任された際 「 教育の原点が広がり、この学校と知り合えてよかった 」 と思われたそうです。

そして、生徒たちと接するなかで 「 不登校だから不幸ではない。不登校という自己主張をできた子はいいが、できずに歯をくいしばってがんばっている子の方が心配だと思う 」 と話され 「 子どもが何かする前に親が釘をさすことで自由を奪ってしまう。親はできなかったときに対応するようにし、子どもには自己主張する機会をきちんと与えた方がよい 」 と言われました。

平成22年度 いじめ防止出前講座

また、親が子どもにかける言葉のなかで多い 『 早くしなさい 』 は 「 心理学的に最も否定的な言葉 」 と言われ 「 『できない子』だと言っているのと同じこと。否定的な言葉を浴びせられ続けると、自己否定感をベースに成長してしまう。 」 と話されました。

平成22年度 いじめ防止出前講座

最後に 「 子どもたちの大きな成果より、小さな変化に気づける存在でありたい。どの子も愛情をたくさん受けたかけがえのない存在のはず。まずは私たち親が、がんばり過ぎず肩の力を抜きましょう 」 とメッセージをいただきました。