第52回九州ブロックPTA研究大会大分大会

 

第52回九州ブロックPTA研究大会大分大会 日時 : 平成19年10月27(土)、28日(日)
場所 : 大分市、別府市
大会テーマ : “九州は一つ”手を携えて育てよう「地域の宝」が光り輝くために

 

豊かな自然に育まれた大分“とよの国”の地に九州各県より約8000人のPTA会員が集い、二日間にわたり研究大会が開催されました。
一日目は10分科会会場で『学校と地域社会の架け橋となるPTA活動の在り方を求めて』を研究主題として各代表校の実践発表があり、今日的な課題に対する討議や情報交換が行われました。

福岡市からは第3分科会において住吉中学校父母教師会による『家庭の教育力向上をめざすノーメディア運動』の発表が行われました。
会場では活発な意見交換がなされ大変実りある分科会でした。

 

第52回九州ブロックPTA研究大会大分大会 また、第8分科会では博多小学校父母教師会による『博多っ子』を育むPTA活動についての発表が行われました。地域が一体となっての『博多っ子』の健全育成を通して、そのパイプ役となるPTAの組織運営のあり方や活動の重要性を、会場の皆さんも再認識されていたようです。  二日目の全体会では、大分の小学校9校で結成された『ウインドアンサンブル荷揚』による美しい演奏のあと、大会宣言文の決議、表彰式などが執り行われました。最後に、記念行事として大分の子どもたちによるミュージカル公演『ここは命の星』が披露され、子どもたちのいきいきとした表情や歌声に会場中が感動につつまれ、二日間の大会は大盛況のもと、幕を閉じました。