子育てとともに私が育つ”PTA活動”

講師:大野城「まどかぴあ」館長 林田 スマ氏
平成29年5月16日 国際会議場メインホール

開会の言葉・主催者のあいさつのあと、まず福岡市PTA協議会副会長の佐々木純子さんが「PTAの役割」をテーマに研修されました。やさしい口調での説明はわかりやすく、これからの活動に不安がある新役員さんには安心を、継続して役員をされる方には改めて考えるきっかけを与えてくれたと思います。

続いての講演は、大野城「まどかぴあ」館長の林田スマ氏でした。

人生の中で一番熱かった子育て時代

子育て中は思い通りにいかないから、考え、悩み、大変だった事が多く、同じ事の繰り返しの日々だったけれど懐かしい日々、と素敵な笑顔で言われていました。人生の中では、子どもが巣立ってからの時間が長く、それまでの時間は短く感じたそうです。

少女時代、祖母の教え

林田氏は筑豊の裕福な家に生まれましたが、環境が大きく変わり、少女時代に家族揃って福岡での再スタートを迎えました。いろいろと失う物も多く、悩んだ時期に祖母から「物は財産じゃない。頭と心にある財産は、誰にも取られない。学びなさい。心に貯めなさい。」と言われた言葉は、林田氏の人生にも子育てにも活かされているように感じました。

PTA活動で得るもの

PTAに関わることで、仲間が増え刺激にもなります。同じ親として、人に会い、その考え方や魅力を感じることは、自分を再認識することになると、前向きに捉えられていました。
活動も「委員会・役員会は先生が教育しやすい環境を結ぶもの」として、親が子どもを守るというより、親が学校と連携して子どもの心を育てていくのだという姿勢に魅力を感じました。

また、親が、物を分け与えるやさしい心遣い、がんばっている姿、大変な事も楽しむ様子を見せることが、子どもの心の下地になっていくという話は、つい毎日の大変さで忘れてしまう部分だと自分の子育てを見つめなおすきっかけになりました。

PTA活動の進め方

アナウンサーの仕事をしながら役員をしていた時の話の中で、「引き継ぎ資料は大事だけれど、そのときに応じて変えていく」、「それまでの流れを消すのではなく、残しながら変化させていく」、「一度やってみてダメなら戻す」、「効率的なPTAでもいいのでは」という言葉は、私たちのPTA活動にも勇気をくださる言葉だと感じました。

林田氏の講演は真面目な内容の中にご自分の事、お子さんの事などで微笑ましい内容を織り交ぜてくださり、会場にいた方々は、とてもリラックスして良い時間をすごせたと思います。親として子どもと一緒に成長していく為に、色々な方と関わり学んでいきたいと素直に思える素敵な講演でした。