草ヶ江花はなプロジェクト

草ヶ江小学校PTA

実施日
(花ボランティア活動と連携した取組)
平成25年
① 6月16日 ② 9月 4日 ③10月 2日④11月 6日 ⑤12月 4日
平成26年
⑥ 2月 5日 ⑦ 3月 5日
場 所
草ヶ江小学校運動場側花壇を中心に
対象・参加人数
保護者・地域花ボランティア(15名)
園芸委員会児童(26名)・担当教師(3名)
参加希望児童(数十名)

草ヶ江小・花・はな・HANAプロジェクト 草ヶ江小・花・はな・HANAプロジェクト

目的

  • 花ボランティア活動との連携を通して,花壇やプランターに花の苗を植えたり,土づくりをしたりして,豊かな心を育む学校環境づくりを推進する。
  • 親子のふれあいや児童相互のふれあい,地域の方々とのふれあいを楽しむ。
  • 活動を通して,ひまわり学級(特別支援学級)との交流を行い,相互の理解を深める。

活動内容

  • 花壇やプランターに花の苗を植えたり,土づくりや除草をしたりして学校環境を整える。
  • 一緒に活動することを通して,相互のふれあいを楽しむ。

事前準備

  • 担当者との打ち合わせ
  • 参加の呼びかけ

実施日の流れ(花ボランティア活動)

  1. 校長あいさつ
  2. 栽培委員長あいさつ
  3. 花の名前と植え方の紹介(教頭)
  4. 活動
  5. 参加者感想とお礼のことば(栽培委員長)
  6. 次回の予告(教頭)

この活動を行って

  • 花壇やプランターに花の苗を植えたり,土づくりや除草をしたり,子どもと一緒に活動する機会がほとんどなかったので,今回参加してみてとても気持ちがよかった。また,役立てたことがとても嬉しい。
  • 一緒に活動することを通して,参加者同士の会話もはずみ,相互のふれあいを楽しむことができてよかった。
  • 普段なかなかやらないことなので,最初は戸惑ったが,花壇に花が植えられ綺麗になっていくと,すがすがしい気持ちになることができた。次回もまた参加をしたい。
  • ひまわり学級(特別支援学級)のみんなが綺麗な花壇の柵を作ってくれたことを喜び,自分たちのできること,「学校を花でいっぱいにしたい。」と考えた。

成果

  • 学校・保護者の参加者が,一緒に活動することで,相互のふれあいが生まれ,明るい楽しい笑顔がたくさん見られた。ふれあいを楽しみ,それぞれの絆を深めるきっかけになった。
  • 花ボランティア活動と連携した活動として,花壇やプランターに花の苗を植えたり,土づくりや除草をしたりして,豊かな心を育む学校環境整備に協力できた。
  • ひまわり学級児童との関わりを通して,障がい児教育に対する啓発にもつながっている。

課題

  • 花ボランティア活動への協力依頼者としての保護者の登録人数が,昨年度よりも増えたが 地域の方々の参加が減っている。園芸委員会の努力により児童の参加人数も増えてきた。
  • 花を植えたあとの手入れやお世話が,担当教師や園芸委員会だけの取組となっているので協力の輪を広げていきたい。