赤ちゃん抱っこ~いのちのぬくもりから学ぶこと~(城西中学校PTA)

赤ちゃん抱っこ~いのちのぬくもりから学ぶこと~(城西中学校PTA) 赤ちゃん抱っこ~いのちのぬくもりから学ぶこと~(城西中学校PTA)

実施校名(単位PTA名)城西中学校PTA
実施日平成29年9月21日(木)
場所城西中学校3学年各教室
対象・参加人数300名(3学年生徒、保護者、地域関係者)

活動内容

<目的>

本校での赤ちゃんとのふれあい授業も3年目を迎えます。常に生徒たちに気づき感じてほしいと考えている“自分の命を大切にする心は、人を思いやる心につながる。”そんな体験の一つとして、赤ちゃん抱っこの授業を継続しています。自己肯定感を持ち、同級生も同じく大事な存在だという気持ちを育んでもらいたい。

<内容>

赤ちゃんとのふれあい授業

この活動を行って

校区の公民館・保健所・幼稚園などを通し、地域に住む3か月~1才の赤ちゃんとパパ・ママに来校していただき、班ごとにふれあい交流を持ちます。実際に赤ちゃんを抱っこさせてもらい、育児の大変さや赤ちゃんへの想いなどママのリアルな声を聞きます。生徒が日頃接することのない、母子との交流を通して、幼児連れの母に思いやりの気持ちを伝えるなど、互いに少しでも理解を深めている様子を見受けることが出来て有意義な授業でした。

成果・課題

赤ちゃんとのふれあい、若いママとの交流から、自分に注がれてきた今までの愛情を再確認する子。育ててくれた事への感謝の心を持つ子。それぞれ何かを感じる機会になっています。活動終了後、ママと生徒に感想を出してもらい書面にまとめ、協力いただいた母子・校区の保健所・公民館等に配布します。この様に、普段交流のない世代であろう中学生との交流は地域の世代間交流になります。また 生徒は、自分の保護者へこの活動を通して感じたことを手紙にして渡すことで、親子間のコミュニケーションの一つにもなっています。