月別アーカイブ: 2008年7月

第4回 「STOP・ザ・非行 ふくおか」 福岡市大会

 

日 時 : 平成20年7月12日(土) 12:30~16:00

場 所 : 電気ホール

主 催 : 福岡市PTA協議会・北九州市PTA協議会・福岡県PTA協議会 (主管 福岡市PTA協議会)

 

福岡県内、1,000名を超えるPTA会員参加のもと、第4回「STOP・ザ・非行 ふくおか」福岡市大会が盛大に開催されました。

 

第4回 「STOP・ザ・非行 ふくおか」 福岡市大会 

 

基調報告 : 福岡少年サポートセンター 少年補導主任 足立 香奈子 氏
演   題 :「子どもの目線に立って」

 

 「小さなサインが拾われず、大きな非行につながることも多く、そういった子どもたちには、心の傷を癒してくれる言葉かけが大切です。家庭や地域ぐるみでの優しい声かけで立ち直った子どももいます。」と具体的な事例をもとに話されました。私たち大人は日頃から子どもの声に耳を傾け、正面から向き合っていくことが大切であることを再認識することができました。

 

 

 第4回 「STOP・ザ・非行 ふくおか」 福岡市大会

 

基調講演 : (財)民事法務協会技師・川崎市菅生中学校PTA会長 田島 和彦 氏
演   題 : 「知っていますか?子どものネットあそび」

 

 「ネットいじめやチェーンメールなど保護者の知らないところで行われているという現状があります。本人の様子や請求書のパケット放題の度合いが急に大きくなっていないかなど日頃からチェックすることが必要です。また、子どもの携帯電話の購入時には少なくとも契約内容や説明書などを読むことが大切です。」と話されました。子どもに携帯電話を与えることは様々な危険が伴うということを保護者がしっかり認識して『フィルタリングをかける』『使用する際のルール』などを親子で話しあい、お互いに責任を持って使用することが大切であると感じました。これを機会にぜひご家庭でも「メディアとの上手な付き合い方」について考えてみてはいかがでしょうか。

 

平成20年度 担当副会長交流会

日 時 : 平成20年7月8日(火)
場 所 : ソラリア西鉄ホテル

小・中・特別支援学校PTAの担当副会長が一同に集まり、平成20年度の担当副会長交流会が開催されました。

平成20年度 担当副会長交流会

はじめに、元福岡市PTA協議会副会長の片平幸子氏による「担当副会長の役割」についての提起がありました。役員として周 りの方々への気配り、何事も抱え込まないで優先順位をつけて活動すること、そして『ほう(報告)れん(連絡)そう(相談) 』に加え『確認』することの大切さなどをご自身の役員経験をとおしてお話いただきました。

平成20年度 担当副会長交流会

次に、福岡市教育委員会学校指導課課長 久地井良人氏による「PTAに望むこと」と題して講演いただきました。「担当副会 長は様々な情報を整理し役員の皆さんに伝えるという大切な役割がありますが、1人で何もかも抱え込むのではなく、周りの 人に手伝ってもらいながらその人たちを育てていくことが大切です。そうすることで、役員間のコミュニケーションもとれ 次へとつながっていきます。多忙感ではなく充足感を得られるような活動にしてください。」、「学校と保護者は『子どもが 真ん中』という連帯感をもってお互いに力をあわせて子どもたちを見守っていくことが大切です。」など、役員としての心 構えや保護者としてどう学校に関わっていくかについて分かりやすくお話いただきました。

平成20年度 担当副会長交流会

最後に、『担当副会長になって思うこと』、『単位PTAの特色ある取り組みについて』などを視点においたテーブルディスカ ッションが行われ、活発な意見交換がなされました。「皆さんのお話を聞いて、大変なのは自分だけではないと分かりホッ としました。来てよかったです。」という声も聞かれました。本日の研修を単位PTAに持ち帰り、これからのPTA活動にいか していただけることを期待しています。