月別アーカイブ: 2009年11月

平成21年度 青少年健全育成大会

日時:平成21年11月24日(火)
場所:福岡市民会館
講師:米良 美一氏
演題:「生きながら生まれ変わる」

歌手の米良 美一氏を講師にお迎えして、平成21年度の青少年健全育成大会が開催されました。

鮮やかな赤の衣装でステージに登場されると、まず始めに映画「もののけ姫」のテーマ曲で美しい歌声を披露してくださり、その美声について「これは天から借りている才能。だからその才能で人を喜ばせたい」と話されました。

平成21年度 青少年健全育成大会

米良さんは、病気のために幼少期を全寮制の学校で過ごし、ご両親と離れて生活をされたご経験から「社会生活の基本は家庭。親が関わるべき時期に関わらなければ子どもは育たない。親だけで育てようと思わず、年長者に助けてもらうことも大事では?」と言われました。

また「20代の頃は自分の障がいが受け入れられなかったが、それを受け入れた今はその頃よりも心が強くなっている」と言われ、その背景に「自分が苦しい思いをしていたとき周囲の人が救いの手を差しのべてくれたからこそ、いまの自分がある。人は痛い思いをしてはじめて痛くない思いが分かるのではないか」と話されました。

そして「人は助けあうことに不慣れですが、さびしい心を育てない社会にするため人に感謝しながら生きられる社会になってほしい。『自分の子どもがよければ』ではなく、社会全体で子育てをしましょう」と話され、「自分が1人だと思っている人はその心を正してください。人は決して1人ではありません」との言葉で会が終了しました。

多くの皆さんのご参加ありがとうございました。

平成21年度 青少年健全育成大会

平成21年度 小学校PTA会長研修会

日時:平成21年11月6日(金) 18時30分~21時
場所:ソラリア西鉄ホテル
講師:福岡県警察本部生活経済課 情報技術犯罪係 谷川 亨氏・平田 博明氏
演題:ネット犯罪から子どもを守れ! ~情報モラルの考え方~

今年度の小学校PTA会長研修会は「ネット犯罪」や「情報モラル」についての講演が行われました。

平成21年度 小学校PTA会長研修会

はじめにインターネットなどの情報技術を悪用した犯罪(サイバー犯罪)が増加していることにふれられ、情報モラルの浸透していない子どもが特に被害に遭いやすいことをあげられました。

次にインターネットへの書き込みについて「ネット上での犯行予告は犯罪であり、子どもが書き込んだいたずらであっても刑事責任を問われます」とのお話に参加者の多くは驚いた様子でした。

また、学校裏サイトなどへの誹謗・中傷・個人情報の書き込みがいじめにつながるケースが後を絶たないことについても話されました。

そして、保護者に対し「子どもに携帯電話を与えるのは子どもが有害情報にふれる機会を増やすことを自覚し、フィルタリングを活用するなどした上、親子でルールを決めて使用することで子どもを守ってください」と要望されました。

講演後は活発に質疑応答がなされ、そのなかで、最寄りの警察署で子ども向けの講演も受け付けていることや、情報セキュリティ対策DVD『アクセスの代償』を貸し出すほか、広報活動が行なわれていることも説明され「有害サイトを発見した場合などは、下記へご連絡をお願いします」とのお話で研修会が終了しました。


インターネット上の違法・有害情報を発見した場合は、下記へ情報提供をお願いします。

連絡先

福岡県警ホームページ
http://www.police.pref.fukuoka.jp

インターネット・ホットラインセンター
http://www.internethotline.jp

サイバー犯罪に関する被害相談や通報を下記で受け付けています。

連絡先

福岡県警 総合相談窓口 TEL : 092-641-9110


情報化社会の現在、ネット犯罪から子どもを守るのは私たち大人であることを再認識した研修会でした。