月別アーカイブ: 2010年6月

平成22年度 家庭教育支援事業 早寝・早起き・朝ごはん 講演会

 

日時 : 平成22年6月29日(火) 10:00 ~ 12:00

場所 : 福岡市立少年科学文化会館ホール

講師 : 福岡教育大学教授 井上 豊久 氏

演題 : 子どもとメディアのよい関係づくり

 

福岡市PTA協議会と福岡市教育委員会共催による、早寝・早起き・朝ごはん講演会が開催されました。

 

はじめに、福岡市教育委員会 飯野 毅紀 教育委員長より 「子どもたちが基本的生活習慣を身につけ、いきいきと生活できるよう、家庭や地域の教育力で子どもを育んでいきましょう」とあいさつがありました。

 

平成22年度 家庭教育支援事業 早寝・早起き・朝ごはん 講演会

 

講演では、井上氏が平成21年度より福岡市教育委員会 生涯学習課と共同で取り組んでいる 『 子どもとメディアのよい関係づくり事業 』 による実態調査から見える福岡市の子ども像についてお話いただきました。

 

平成22年度 家庭教育支援事業 早寝・早起き・朝ごはん 講演会

 

井上氏は 「メディアへの依存度が高いほど、不登校の傾向が高まる」などの調査結果を交えながら話があり、今回の調査結果から見える課題として 「まず、メディアとの接触時間が与える影響に親や大人が気づき、本人に気づかせることが大事。子どもには自己決定性が必要だが、自分で働くまでは親に決定権があることを認識させることが大切」だと言われ、「感謝する心は感謝される体験からうまれる」として、メディアから離れる体験活動として利他活動(他者のことを1番に考えた活動)が効果的であると話されました。

 

そして 「メディアの問題はそれぞれの地域やPTAに応じた取り組みが必要。今日のお話を単位PTAにもち帰って広げてほしい」と話され、講演会が終了しました。

 

子どもたちをとり巻くメディアの問題は、私たち大人が責任をもって解決していかなければならないのではないかと感じた講演会でした。

 

この講演会でのお話が、単位PTAや地域へも広がることを願います。

 

特別支援学校PTA連合会 レクリエーション大会

日時:平成22年6月26日 10:00~12:00
場所:福岡市南体育館

市内8校の特別支援学校の方々が集まり、レクリエーション大会が開催されました。

開会式では、特別支援学校PTA連合会 国分 節雄 会長ならびに、福岡市PTA協議会 疋田 敏明 会長、発達教育センター 笠原 嘉治 所長よりごあいさつがあり、屋形原特別支援学校の先生方による『屋形原バンド』の楽しい演奏にあわせて準備体操が行われたあと、『柳美会創作舞踊』の方による踊りが披露されました。

特別支援学校PTA連合会 レクリエーション大会

特別支援学校PTA連合会 レクリエーション大会

レクリエーションでは、じゃんけんで負けた人が勝った人のあとに連なる『じゃんけん列車』や、大玉運びでは、屋形原特別支援学校の校訓でもある『健康・友情・自立』の思いを込めた3つの玉を、各学部の子どもたちと保護者のみなさん・先生方が力を合わせて運びました。

特別支援学校PTA連合会 レクリエーション大会

閉会式では表彰が行われ、各学校が『チームワーク賞』、『ファイト一発賞』、『元気はつらつ賞』、『笑顔いっぱい賞』、『生き生きルンルン賞』、『粘りと根性ひとすじ賞』、『明るさ満開賞』、『パワー全開賞』の賞を受賞され、国分会長より表彰状やトロフィーが授与されました。

昨年度は新型インフルエンザのために残念ながら中止されましたが、その分今年はより熱い大会となりました。

三P協連絡協議会 研修会

日時:平成22年6月25日 13:30~17:00

 

場所:北九州市立生涯学習総合センター 21会議室

 

平成22年度の三P協連絡協議会 研修会が、北九州市PTA協議会の主管にて開催されました。

 

『 三P協 』とは、北九州市PTA協議会 ・ 福岡県PTA連合会 ・ 福岡市PTA協議会の3つのPTAのことを指します。

 

はじめに、北九州市教育委員会 総務部企画課長 久保山 雅彦 氏より「北九州市子どもの未来をひらく教育プラン」と題して講話があり、北九州市の教育についてお話いただきました。

 

次に行われた実践交流会では、北九州市 ・ 福岡県 ・ 福岡市、それぞれのPTAより、特色ある活動などについて報告が行なわれ、つづいての協議ではその活動についての質疑応答や意見交換がなされ、今後も三P協で協力しながら『 ストップ ・ ザ ・ 非行ふくおか 』や『 親子ふれあい週間 』などの活動に取り組んでことを再確認し、研修会が終了しました。

 

三P協連絡協議会 研修会

 

三P協連絡協議会 研修会

【ふれあい体験事業】西区 石丸小学校保護者教師会

企画表題:石丸スタンダード
担当責任者:福岡市立石丸小学校 保護者教師会 会長 寺山一徳
実施期間:平成22年6月~平成23年3月
参加人数 :児童(752人)、保護者・教職員・地域の方(約100人)

活動内容

目的

福岡市教育委員会が推進している「福岡スタンダード」の“あいさつ・掃除・自学・立志”を子どもたちだけではなく、子どもたちとふれあいながら保護者等が率先して行うことで子どもたちに関わる方々にも意識づけをし、子どもたちの基本的生活習慣や学ぶ力を身につけさせる。

活動内容

1年間をとおした活動のなかで、①あいさつ②掃除③自学④立志の4つの項目に分けそれぞれにあった活動を行った。

①あいさつ

あいさつ運動週間を設け、子どもたちの登校に合わせ子どもたち・保護者・職員等で正門にて朝のあいさつ運動を実施した。

②掃除

学期毎の大掃除の日に合わせ、PTA役員と保護者からボランティアを募り、子どもたちといっしょに日ごろから手の届かない場所などをきれいに掃除した。

西区 石丸小学校保護者教師会

③自学

週に2回、低学年と高学年に分け校区在住の方に学習サポーターをお願いし、子どもたちに自主的・計画的な学習ができる場を設定し、学習環境の向上に努めるため「放課後教室」を開催した。

④立志

夢を持つ子どもたちに育って欲しいと願い、七夕に笹を飾り、短冊に子どもたちの願いを書かせ学校の玄関に設置した。また、公民館には地域の皆様に感謝の気持ちを書いたものを寄贈し飾っていただき、近隣の大きな病院にも患者さんの気持ちが少しでも和らぐようにと願いを込めて寄贈し飾っていただいた。

西区 石丸小学校保護者教師会

西区 石丸小学校保護者教師会

成果と課題

子どもたちに教育をする際、いっしょにふれあいながらその意味を十分に理解させていくことがどれだけ大切かということが理解できた。また、授業参観等で見せる表情でなく別の笑顔を見ることができて大変幸せな感じでした。

地域のみなさま方にも貢献でき、とてもよい取り組みだったと思う。

是非これからも継続した活動にしていければと思う。

博多区 東吉塚小学校PTA

企画表題:“一つしかない命”見つめ直しませんか?子どものこころとからだ
担当責任者:東吉塚小学校PTA 副会長 浦丸 美佳
実施期間:平成22年6月~平成23年3月末

参加人数:
①講演会240名
②~④吉塚中生徒348名 吉塚小児童379名 東吉塚小475名 教職員・保護者・地域190名

活動内容

目的

○校区の子どもたちの生活習慣の実態調査をするとともに,「早寝・早起き・朝ごはん」運動のより一層の定着に向け,保護者の意識を高める。

○小学校,中学校の連携事業として活動することで,単年度で終わりにせず,「生まれてから中学校卒業までの一人ひとりの子どもの育ちを大事にする」PTA活動として,3校の連携充実,発展を図り,地域全体で取り組む意識を高める。

活動内容

①食育に関する保護者向け合同講演会の実施

テーマ:「“一つしかない命”見つめ直しませんか?子どものこころとからだ」
日程:平成22年10月7日 14:00~16:00
講師:内田美智子先生(助産師)
場所:吉塚中学校 体育館
参加:240名

早寝・早起き・朝ごはん 啓発運動

・ 校区内,幼稚園,保育園,公民館,小・中3校等にて啓発用のぼり旗の設置
・ 講演会ポスター,チラシの配布 
・ 啓発運動用Tシャツ(早寝・早起き・朝ごはんロゴ,3校の校名入り)の作成
 
博多区 東吉塚小学校PTA

内田先生の講演会の様子

①花いっぱい,夢いっぱい運動
各校にて,花の種苗を保護者の協力のもと植え,心と体そだちの環境整備を行った。

博多区 東吉塚小学校PTA

博多区 東吉塚小学校PTA

東吉塚小・吉塚小の活動の様子

①ふれあい活動 
9月9日博多区一斉ふれあい活動において,吉塚中学校1年生と吉塚小学校6年生,東吉塚小学校6年生が協力して,校区内の4公園について清掃活動を行った。

博多区 東吉塚小学校PTA

ふれあい活動の様子

②実態調査アンケート
9月度県一斉の「早寝・早起き・朝ごはん」アンケートを小学生,中学生別に集計し,講演会を終えた11月に再度アンケート調査をし,分析を行った。

博多区 東吉塚小学校PTA

小学生の集計結果

朝食を「食べた」の割合は9月・10月ともに90%以上であった。
起床は,6:30-7:00が一番多く,就寝は,9:30-10:00が一番多かった。

博多区 東吉塚小学校PTA

中学校の集計結果

朝食を「食べた」の割合は9月・10月の割合は,90%程度となっている。
起床は,6:00-6:30が多く,就寝は,9:30-10:00が多かった。11月は,定期考査のため11時以降が多くなった。
小学生・中学生ともに,提出率は50%-60%程度である。提出率を上げる啓発が必要である。


成果と課題

成果

・活動をとおして,校区小中連携体制の基盤をつくることができた。また,内田先生の合同講演会を行ったことで,参加した保護者の生活習慣改善についての意識が高まった。「早寝・早起き・朝ごはん」実態アンケートの結果から,提出率が低い(=意識の低さ),子どもたちの基本的生活習慣改善の必要があることがわかった。

課題

・ 実態調査アンケートの回収率を上げるための手立ての工夫が必要である。
・ 保護者への意識改革・向上のため,講演会、簡単レシピ紹介、早寝・早起き・朝ごはんの効果等,啓発活動を3校が連携を深め,継続していく必要がある。
・ 次年度以降,子どもたちへの啓発活動(講演会,講義,クッキング実践等)も必要である。また,未就学児とその保護者に対する啓発も校区内幼稚園,保育園と連携したい。 

【ふれあい体験事業】城南区堤小学校父母教師会

企画表題:親子ふれあい下校訓練
担当責任者:堤小学校父母教師会 男性副会長 上田耕世
実施期間:平成22年6月3日(木)15:00~
参加人数:児童704人 保護者200人

活動内容

目的

  • 子ども・保護者と地域(安全推進委員・こども110番の家)とのふれあいの場を設けて日ごろの感謝の意識を高める。
  • 子どもと保護者が正しい通学路・通学上の「こども110番の家」や危険箇所・注意箇所の再確認をする。

活動内容

  • 下校訓練前に保護者と安全推進委員との意見交換を行った。
  • 子ども・保護者と地域の皆さん(安全推進委員)とともに通学・下校時の注意事項を確認しながら集団下校した。

城南区堤小学校父母教師会

  • 通学路上の「こども110番の家」の場所を確認した。
  • 「こども110番の家」の方々に日ごろの感謝 のメッセージを子どもたちに書いてもらい、 お花の苗を渡した。
  • 事前に下校訓練のお知らせを行っていたので「こども110番の家」の方々にあいさつができ、手渡すことができた。

城南区堤小学校父母教師会

成果と課題

成果

  • 同じ通学路の子どもたちと保護者のふれあいと顔あわせができ、緊急時等の心構えもできた。
  • 通学路上の注意・危険箇所を確認できた。
  • 「こども110番の家」の方々・地域の皆さん(安全推進委員)と子どもたち・保護者とのふれあいを高め、感謝の意識がうまれた。
  • 昨年度、課題だったすべての「こども110番の家」にお花の苗を手渡しでき、場所の確認ができた。

課題

同じ町内でも学校指定の通学路の違いがあり、緊急時にはその点を含め、対応するという事がわかった。来年度は改善するようにしたい。

平成22年度 委員総会

日時 : 平成22年6月1日 14:00~15:00

場所 : 婦人会館9階 大研修室

 

平成22年度の教育問題 ・ 研修 ・ 広報の各常置委員会の方たちが集まり、婦人会館にて委員総会が行われました。

 

平成22年度 委員総会

 

疋田会長のあいさつに続き、委員会活動を行なう上での留意点などの説明があり、その後、各委員会に分かれて、正副委員長決めや活動内容になどについて話し合われ、それぞれの委員会の活動がスタートしました。