月別アーカイブ: 2010年7月

【ふれあい体験事業】早良区 早良小学校父母教師会

企画表題 :自分でできる! 弁当の日
担当責任者:PTA担当副会長 齊藤安紀
実施期間:平成22年7月25日(月)
参加人数:児童21人、保護者11人、教職員14人、PTA役員4人 合計40人

活動内容

目的

  1. 自分で調理することで、準備や手順などを工夫して考える。親子で教えあいコミュニケーションの一助とする。
  2. 日ごろ、食事をつくってくれている人に感謝の気持ちをもつ。
  3. 食の安全や大切さについて考える。
  4. 自分でもできるという達成感を味わう。

活動内容

①事前準備
  • プリントを配布し、参加者を募る。
  • 参加者をグループ分けする。
  • 子どもたちを集め、弁当のメニューを決める。(第1回会議)
  • 決定したメニューにそって、材料を考えてきて全員で検討する。(第2回会議)
  • グループの代表者で買い出しのリストをつくる。(第3回会議)
  • PTA役員で買い出しに行く。

早良区 早良小学校父母教師会

②当日
  • 弁当の日について(校区主任児童委員さんより)
  • 段取り説明
  • 調理

早良区 早良小学校父母教師会

③詳細
  • メニュー
    鶏の唐揚げ、玉子焼き、えのきのベーコン巻き、山芋のベーコン巻き、きんぴらごぼう、赤ピーマンとじゃがいもの炒めもの、ミモザサラダ、ごはん(ふりかけごはんかおにぎりで自由に)
  • 担当分け
    A(唐揚げ、米とぎ班) B(玉子焼き班) C(ベーコン巻き班) D(きんぴら班) E(赤ピーマンとじゃがいもの炒め物班) F(サラダ、米とぎ班)
  • 弁当の日について説明をしてもらうため、校区の主任児童委員の方に資料を持ってきていただき、お話してもらう。

早良区 早良小学校父母教師会

仕上げ

  • 持参してきた弁当箱にバイキング形式でおかずを詰めていく。ごはんは、おにぎりの場合はビニール手袋をして握る。海苔は型抜きをつかってカットし、好きなように盛りつける。参加してくれた保護者や先生のために、ランチパックにお弁当を詰める。
  • 使った道具類を洗って、後片づけをする。
  • 1人ずつ弁当の写真を撮る。
  • みんなで食べて、感想文を書く。
  • 解散

早良区 早良小学校父母教師会

成果と課題

  • 最初に予定していた日が、都合が悪くなり、日程を変更したため、協力員として登録していた保護者が参加できなくなった。子どもの参加希望者も少なく、再度、4年生まで対象を広げて募集したが、予想の半分にも満たなかった。夏休みのため、高学年の兄、姉についてきた3年生の子どもが数人いたが、危険なこともなく無事に参加できた。当日欠席者がいたため、おかずとご飯が余った。
  • 子どもたちが、それぞれ役割を決めて、おたがいに声をかけ合いながら調理する姿は、周りで見ていた大人たちも感心するほどの光景だった。普段の様子からは、想像もできないテキパキとした動きは、子どもよりも親の方が得るものは大きかったように思える。
  • 写真や感想を校内に掲示して、来年はもっと参加者や保護者協力員が増えるようにしたい。
  • 今年は、集まって調理する形にしたが、来年はどのように行ったらよいのかがこれからの課題である。

意見交換会

「福岡市PTA協議会役員」・「教育問題委員会委員」と「特別支援学級保護者の会」との意見交換会

 
日時 : 平成22年7月23日(金) 15:00~17:00
場所 : 福岡市PTA協議会事務局
 
平成23年度の教育予算要望書作成にあたり、福岡市PTA協議会役員・教育問題委員会委員と特別支援学級保護者の会の方々との意見交換会が行われました。
 
特別支援学級保護者の会とは、福岡市立小・中学校の特別支援学級に通学している子どもたちの保護者の方によって組織されている会です。
 
意見交換会
 
特別支援学級保護者の会の方から、支援学級に通う子どもたちのニーズに応じた教育環境の整備や進路の課題,そして地域との関わり方(居住区外に通学している場合も多く)の難しさなどについての話を受け、充実した意見交換をしました。
 
今後、意見交換で得た内容を参考に、平成23年度の教育予算要望書の作成に活かしていきたいと考えています。

平成23年度分 教育予算要望書作成と勉強会

平成23年度分 教育予算要望書作成にかかる教育問題委員会委員・特別支援学校PTA連合会役員・福岡市PTA協議会役員との勉強会

 
日時 : 平成22年7月16日(金) 10:30~12:00
場所 : 福岡市PTA協議会 事務局
 
教育問題委員会では、毎年、各単位PTAより予算要望に関するアンケートにご協力いただき、その内容をもとに予算要望書を作成し、福岡市教育委員会に対して 『 福岡市教育予算に関する要望 』 として、要望書の提出を行っております。
 
このたび、平成23年度の教育予算要望書を作成するにあたり、教育問題委員会委員・特別支援学校PTA連合会役員・福岡市PTA協議会役員とで、勉強会を行いました。
 
特別支援学校PTA連合会の役員の方から、特別支援学校に通う子どもたちの様子や、学校施設などの現状について報告や意見をいただき 「障がいがあるという理由で学ぶ権利が奪われたりすることのないよう、今後も意見交換などを行いながら、おたがいに連携していきましょう」 と確認しあいました。
 
今後、予算要望書は、今回の勉強会や単位PTAのアンケート集計結果を参考にまとめられ、9月下旬に教育委員会に提出される予定です。
 
平成23年度分 教育予算要望書作成と勉強会

【講演会・研修事業】早良区 原北小学校父母教師会

企画表題:佐藤剛史氏講演会「すごい弁当力!~人と自分に優しくなる食~」
担当責任者:担当副会長 冨岡 彩
実施期間:平成22年7月14日(水)10時~12時
参加人数:105名(PTA 会員95名、地域・近隣校区10名)

活動内容

目的

食育、ことにお弁当の持つ力の講演を通して、会員・保護者に「なぜ、子どもたちは親の作ったお弁当が好きなのか?」を問いかけ、本来あるべき「家庭の力」を見直し向上させる。

活動内容

事前準備
  • 講師決定
  • 予約、打ち合わせ(講師との連絡は全てメールにて、4~5回)
  • 講演会参加呼びかけ、ポスター、案内のおたより作成・配布、託児の手配
  • 機材の確認、準備(プロジェクター、スクリーン等)
講演会
  • 講師:佐藤剛史氏
    「すごい弁当力!~人と自分に優しくなる食~」
  • スライドや著書を用いて。
  • 「お弁当」にまつわる思い出などを見ながらの講演。
  • 「料理をする能力」は大人になれば勝手に身につくものか、大学生の食生活を調査したデータをもとに実証。
  • 自分でお弁当をつくるようになった子どもたちや、保護者の気持ちの変化から、「お弁当」は、家庭の教育力(コミュニケーション)を向上させることを認識。
  • 「いのちをいただく」の朗読を通じて、「食」への感謝を思いおこさせる。

「食べること」の大切さは、「食」にまつわるたくさんの背景を持ち、それらはすべて家庭での役割が大きいことを改めて実感させられた講演であった。

・夏休みに向けてのアドバイス
「子どもがひとりで生きていくことができる」ように始められることを一緒にする。

早良区 原北小学校父母教師会

一方的な講演ではなく、聴衆に質問を投げかけ、ともに講演を進めていく。

早良区 原北小学校父母教師会

講演後、書籍の販売をとおして、聴衆とコミュニケーションを図る。

成果と課題

アンケートより

・親の愛情を伝えるためにはお金をかけるだけじゃなく、時間と手間ひまをかけることが大切と聞いて改めてそうだなぁと感じました。一食一食を大切に…を日々自分に問いかけながら食事をしていきたいと思っています。
・食を通じて、子どもとかかわることは、とても大切なことだと感じました。子どもと一緒に楽しく食事をつくり、食べたりすることを増やしていこうと思いました。
・子どもに口やかましく、小言を言ったり、忙しくしていたり、子どもに接することを考え直すきっかけになりました。手間と時間をかけてやることを忘れずにいようと思います。親が子どもに伝えたいことが、すぐには伝わらなくても、何年もたったら一人暮らしや親になってわかることが多いと思いました。親の仕事は、長い先を見据えて地道にやっていこうと思います。
・自分と子どもの関係だけでなく、自分と親の関係についても改めて考える機会になりました。食の大切さを頭でわかっていても、日々実行することは意外と難しいです。あと一歩の努力をしてみたいと思いました。

成果と課題

・アンケートにあるように、講演を通じて多くの方に「家庭の力」を認識してもらえた。
・講師推奨の「お弁当の日」を学校ぐるみで開催するには、学校・保護者の理解を得ることが難しい。

平成22年度 担当副会長交流会

日時 : 平成22年7月8日(木) 10:00 ~ 14:00
場所 : ソラリア西鉄ホテル 8F 彩雲の間

小・中・特別支援学校の担当副会長が集まり、平成22年度の担当副会長交流会が開催されました。

今年度の交流会は、福岡市PTA協議会 一井 貴子 前副会長と、福岡市教育委員会 学校支援課 橋爪 秀三 課長を講師にお迎えし、お話いただきました。

はじめに、一井 前副会長より『担当副会長の役割』について提起をいただき「決して無理をせず、1人で抱え込まないよう、おたがい助けあって、分からないことは先輩役員や連合会などにも相談しながら、自分らしくがんばってほしい」と話されました。

平成22年度 担当副会長交流会

また「市P協の活動は、みなさんに支えられているからこそ、実りのあるものになっている。最後には『やってよかった』と思ってほしい。みなさんの笑顔でたくさんの福を招いてください」と、ご自身のご経験も交えながらお話いただきました。

つづいて、橋爪課長より『学校教育の充実とPTAに期待すること』と題してご講演いただき、昨年策定された 『新しいふくおかの教育計画』についてお話いただきました。

平成22年度 担当副会長交流会

そのなかで「家庭では『家庭教育10か条を』活用し、再認識してほしい。子どもを社会全体で育てましょう」と言われ、「わが子に関心をもち、子どもの様子をみてほしい。参観や懇談会にぜひ参加してください」と話されました。

最後に 『担当副会長になって思うこと』・『単位PTAの特色ある取り組み』をテーマにテーブルディスカッションが行われ、共通の悩みがあげられたりしたことで、参加された方の多くが「悩んでいるのは自分だけじゃない」と感じられたようでした。

平成22年度 担当副会長交流会

平成22年度 特別事業・1 『家庭の教育力向上プラン』説明会

日時 : 平成22年7月8日(木) 14:30 ~15:30

場所 : ソラリア西鉄ホテル 7F アイリス
 
平成22年度 特別事業Ⅰ『家庭の教育力向上プラン』の説明会が行われました。
 
疋田会長のあいさつにつづいて、助成PTA決定の経過や報告書の記入の仕方についてなど、全体への説明が行われたあと、
 
○ 小・中・保護者連携事業 5校
○ メディア・生活リズム関連事業 4校
○ 講演会・研修事業 10校
○ ふれあい体験事業 31校
 
計50校のPTAに助成金が渡されました。
 
なお、特別事業Ⅰ『家庭の教育力向上プラン』におきましては、1月15日(土) 福岡市立少年科学文化会館にて『 実践報告会 』の開催を予定しております。
 
つきましては、実践報告をしていただくPTAには後日ご連絡をさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。
 
また、実践報告をされないPTAにつきましても、模造紙1枚程度のパネルを作成していただき、報告会当日、会場ロビーに展示していただくことになりますので、ご準備をお願いいたします。(パネル台紙は市P協で用意します。)
 
実践報告 ・ パネル展示とも、12月末日までに活動が終了するPTA、または年間をとおして活動されるPTAを対象にお願いをさせていただくことになりますので、対象となるPTAには、活動の記録の保存をよろしくお願いいたします。
 
内容の詳細につきましては、3月に各単位PTAに 『 平成21年度 特別事業 家庭の教育力向上プラン 実践事例集 』 を2冊配布しておりますので、ご参照ください。
 
平成22年度 特別事業Ⅰ『家庭の教育力向上プラン』説明会
 
平成22年度 特別事業Ⅰ『家庭の教育力向上プラン』説明会

平成22年度 いじめ防止委員会主催 『いじめ防止出前講座』 実施校抽選会

日時 : 平成22年7月1日(木)  17:00 ~

場所 : 福岡市役所 北別館4F 402会議室

 

単位PTA等のいじめ防止活動に資することを目的とした、いじめ防止委員会主催による 『 いじめ防止出前講座 』を、今年度より初めて実施することとなりました。

 

小・中学校それぞれ2校ずつの募集に対し、小学校26校、中学校6校よりご応募をいただきました。 公平を期するため、7月の理事会の際、理事のみなさんの立ち会いのもと抽選会を行い、いじめ防止委員会 茂島委員長が抽選しました。

 

今年度の出前講座実施校は以下のとおりです。

 

小学校中学校
実施日9/30(木)10/28(木)実施日9/14(火)原北中学校
10/28(木)南片江小学校9/15(水)友泉中学校

 

講師は、小学校を対象に行われる講座に 子どもの学び館 代表取締役 福永 宅司 氏を、中学校を対象に行われる講座に 学校法人 立花学園 立花高等学校校長 齋藤 眞人 氏をお迎えして行われます。

 

平成22年度 いじめ防止委員会主催 『いじめ防止出前講座』 実施校抽選会

 

平成22年度 いじめ防止委員会主催 『いじめ防止出前講座』 実施校抽選会