月別アーカイブ: 2010年8月

第58回 日本PAT全国研究大会 ちば大会

日時 : 平成22年8月27日(金)~28日(土)
場所 : 千葉県
テーマ : 房の国 集い語れば 実りあり

千葉県において、第58回日本PTA全国研究大会が開催され、県内9か所で分科会・全体会が行われました。

【第4分科会】

全国広報紙コンクール表彰式が行われ、全国6,040校の応募のなかから、福岡市立城南小学校の広報紙 『 じょう☆なん 』 が日本教育新聞社 社長賞を受賞されました。

来賓のごあいさつのなかで、PTA広報紙の役割を 「 ① 関係者を結ぶメディア ② 課題に対し、共通認識をもち、 議論の場となるメディア ③ PTAと地域を結ぶメディア ④ 日々のPTAの取り組みをいきいきと伝える記録 」 と話されたことが印象的でした。

今年度末の同コンクールに向けて、単位PTAでの広報紙作成に役立てていただければと思います。

 

第58回 日本PAT全国研究大会 ちば大会

 

【特別第1分科会】

『 いのちの尊さ大切さ 』を研究課題に、討議が行われました。

はじめに、認定NPO法人 スペシャルオリンピックス日本 名誉会長の細川 佳代子氏より「知的障がい者から学んだ”生きるということ”」と題した基調講演が行われました。

細川氏はスペシャルオリンピックについて「知的発達障がいのある人たちの自立と社会参加を日常的なスポーツ活動をとおして応援する国際的な組織」と説明され、「障がいのある方たちから、人生で1番大切な”生きるということ”をとおし、1人ひとりのいのちの尊さを教えてもらったからスペシャルオリンピックスに関わり、活動をつづけることができた 」とお話いただきました。

また、これから目指していることとして「誰1人排除されることなく、すべての人を包み込む『インクルージョン社会』をつくること 」とご講演いただきました。

続いて、神戸市PTA協議会 前会長の三木 秀美氏より 「 『しあわせ選べるように』を歌い継いで 」と題した実践発表が行われ、1995年1月17日に起きた『阪神・淡路大震災』の被害から立ち直ろうと行われた、さまざまな取り組みについてご報告いただきました。

震災後「 傷ついた神戸を元の姿に戻そう!!」を合い言葉に、神戸市立の小学校の先生が『 しあわせ選べるように 』という歌をつくられ、被災から2週間後に被災地の校庭で歌われ、その後も毎年行われている追悼式をはじめ、各学校で歌い継がれているというお話でした。

また、震災のことを風化させないよう、被災から10年目には、6,434羽の折鶴で神戸の街のタペストリーをつくったり、毎年12月にはルミナリエの点灯式、現在も運動会で担架リレーやバケツリレーなどが競技として行われているとお話いただきました。

 

第58回 日本PAT全国研究大会 ちば大会

 

研究・討議では、4名のパネリストの方々から 「 自分の子どもを守ろうと思ったら、わが子だけではなく、友だちや学校・地域とも関わらなければいけない 」 や、「 子どもは自分から離れていってもサポートが必要。そのままのわが子を信じて認めることが大切 」という意見が聞かれ 「 周囲の人を大切にすることが世の中をよくするのでは? 」 とまとめられ、分科会が終了しました。

【 特別第2分科会 】

『 新学習指導要領により、学校教育やPTA活動はどのように変わるのか? ~ 「 生きる力 」をはぐくみ 「 新しい公共 」 を担うためのPTA活動を考える ~ 』を研究課題に、討議が行われました。

はじめに、千葉大学教授の天笠 茂氏より 「 新学習指導要領の実施と学校支援 - PTA活動の可能性 - 」 と題した基調講演が行われ、続いて、文部科学省 初等中等教育局 教育課程課長の平林 正吉氏より 「 新学習指導要領の全面実施について ~ 学校・家庭・地域の連携のあり方 ~ 」 と題し、新学習指導要領の全面実施に向け 「 生きる力をはぐくみ、すべての教科で言語活動を充実させるため、家庭と地域が協力・参画できる学校をつくり、連携する必要がある 」 とご説明いただきました。

次に、3つの小学校より学校支援活動について実践発表があり、保護者が教育サポーターとして先生や子どもたちをバックアップし、コミュニティーの輪を広げていると報告されました。

 「 学校支援活動等におけるPTA活動の可能性 」 についてのパネルディスカッションでは、京都造形芸術大学教授の寺脇 研氏より 「 PTA活動の発展のためには、『学びの環境』の充実に向けた取り組みや、『子どもの育ち』を支援する活動の創造が大切 」 とまとめがありました。

 

第58回 日本PAT全国研究大会 ちば大会

 

全体会では、疋田 敏明 日本PTA全国協議会副会長の開会のことばに続いて、相川 敬 日本PTA全国協議会会長より主催者あいさつが行われたあと、大会宣言の決議が行われ、大会旗が次期開催地の広島県へと引き継がれました。

 

第58回 日本PAT全国研究大会 ちば大会

 

記念講演では、講師に松岡 修造氏をお迎えし 「 叱って・ほめて・抱きしめろ 」と題し、ご講演いただきました。
松岡氏は 「 人を応援して力を与えたい 」 と言われ、「 子どもに対する応援は、子ども自身に気づかせる=自身をもたせることが大切。『がんばれ』 という応援は、方法論を教えてからこそがんばることができる 」 と話されました。

最後に 「 日本の教育がよい方向へ向かうよう、みんながんばっている。みんなの心に”ありがとう”という気持ちがあるといいのでは?これからもみなさんを応援しています 」とお話くださいました。

 

【ふれあい体験事業】早良区 飯倉中央小学校父母教師会

企画表題:夏休みデイキャンプ~力を合わせておいしいカレーを作ろう!~
担当責任者:飯倉中央小学校父母教師会 担当副会長 尾上圭子
実施期間:平成22年8月21日(土)14時~18時
参加人数:217人(児童,保護者,地域の方々)

活動内容

目的

  • 夏休みの一日を、学年の枠をこえた友達と一緒に過ごすという心に残る思い出づくり。
  • みんなで野菜を包丁で切り、鍋で炒めたりして、力を合わせてカレーをつくることで手づくりの大切さや楽しさを知ってもらう。
  • 子どもたちが、いつも保護者や校区の方々のご協力に支えられているという感謝の気持ちに心から気づいてほしい。

活動内容

事前
  • 行事の案内プリント作成
  • 班分け(1班10名)
  • 材料の準備と買い出し(カレーと白玉あんみつの材料)
当日
  • お手伝いの保護者の方には1時間前に集合してもらい、手順と注意事項を説明。
  • 14時受付開始。子どもたちはそれぞれの班で、5,6年生を中心にカレーつくりのテーマを決めて計画をたてる。
  • どんなカレーをつくるのか、味の工夫を凝らすために、各班で話しあい。
  • 内容が決まったら、班ごとに5,6年生と保護者が1人付き添って買い出しに行く。
  • 3・4年生を中心に保護者見守りのもとで、玉ねぎとじゃがいもと人参を切る。
  • 1・2年生を中心にデザートの白玉あんみつの白玉団子を、保護者付き添いのもとでつくる。
  • 買い物から帰ってきた5・6年生と一緒に、各班それぞれに思い思いのカレーをつくる。保護者は見守りで付き添う。
  • 各班のでき上がったカレーを、地域の方々や校長先生・教頭先生・教務主任の先生・PTA役員で審査する。
  • みんなで一緒にカレーを食べる。デザートの白玉あんみつも食べる。
  • 優勝・準優勝・三位・アイディア賞を発表し、表彰式。
  • みんなで後片づけ・解散。

早良区 飯倉中央小学校父母教師会

成果と課題

成果

  • 保護者はあまり手だし口だしをしないように・・・・・としていたので、各班・独創的なカレーができた。( 例 ゴーヤ入りカレー,桃とパイナップル入りカレー,ポテトチップス入りカレーなど)
  •  

  • 自分たちが一生懸命つくったカレーは、やはりおいしかったようで残さず食べていた。
  • 友だちと協力して1つのものをつくり上げるという喜びと達成感があった。
  • 子どもたち自身に、もっとお手伝いをしなければ・・・・・という意識が芽ばえた。

課題

  • 一班の人数をもう少し減らしたほうがよかった。
  • 調理器具が足りなかった。手順をもう少し考えた方がよかった。
  • お手伝いの保護者を多く募る。

第5回 ストップ・ザ・非行 ふくおか 北九州市大会

日時 : 平成22年8月7日(土) 13:00 ~ 16:00
場所 : ウェルとばた 戸畑市民会館 大ホール
主催 : 北九州市PTA協議会・福岡県PTA連合会・福岡市PTA協議会 ( 主管:北九州市PTA協議会 )

 

【基調報告】

報告題 : 「 生まれてきてくれて ありがとう。」

講師 : 福岡県警生活安全部少年課 北九州少年サポートセンター
係長 少年育成指導官 (少年補導職員) 安永 智美 氏

 

【講演】   

演題 : 「信じ続ければ 子どもは応えてくれる」

講師 : (有)野口石油 代表取締役社長 ・ 福岡県保護観察所協力雇用事業主
少年警察指導委員 ・ 福岡県体育指導委員協議会会長 野口 義弘 氏

 

第5回 ストップ・ザ・非行 ふくおか 北九州市大会が、北九州市PTA協議会の主管にて開催されました。

 

第5回 ストップ・ザ・非行 ふくおか 北九州市大会

 

この 『 ストップ・ザ・非行 ふくおか 』 は、北九州市PTA協議会・福岡県PTA連合会・福岡市PTA協議会の三P協が『福岡県は1つ』の理念のもと、子どもの健全育成と非行の未然防止を目的に開催しています。

 

はじめに安永氏より、具体例をあげながら基調報告が行われ 「 子どもに拒否されつづけても、手を差しのべてください。心の居場所は家庭であるべき。 親からの『 いってらっしゃい 』 などのことばかけは、子どもが外に出たときに守ってやれる魔法のことばです。子どもたちが健やかに育つよう、たくさんの魔法のことばをかけてあげてください 」とお話いただきました。

 

第5回 ストップ・ザ・非行 ふくおか 北九州市大会

 

つづいて、非行歴や不登校経験のある少年たちに更生の機会を与えようと、ご自身の経営するガソリンスタンドで雇用されている野口氏が、雇用した少年やその親御さんからの手紙を紹介しながら 「 子どもは自分を助けてくれると思ったときに心を開いてくれると思う 」と話され 「 できる人・できない人がいるのだから、できないところはできる人がカバーすればいい。悪いところを叱るのではなく、できるところをみつけてほめてやることが大切。スタンドがつづく限り、これからも子どもたちとがんばっていきたいです 」とご講演いただきました。

 

第5回 ストップ・ザ・非行 ふくおか 北九州市大会

 

最後に大会宣言が読み上げられ、会が終了しました。

 

※なお、大会宣言はPDFにて添付しております。

 

pdf

第5回 ストップ・ザ・非行 ふくおか 北九州市大会(大会宣言)