月別アーカイブ: 2010年10月

第55回 九州ブロックPTA研究大会 くまもと大会

日時 : 平成22年10月30日(土) ・ 31日(日)
場所 : 熊本県
テーマ : 見せんと親の姿 見んと子どもの姿
~かけがえのない子どものために、今、大人がすべき事~

第55回 九州ブロック研究大会 くまもと大会が、熊本県にて開催され、1日目は県内6か所において10の分科会が行われ、2日目は全体会が行われました。

福岡市PTA協議会では、第4・第8分科会の提言と、第8分科会の運営を担当しました。

【第4分科会】 健全育成と地域活動 (場 所 : 熊本県立劇場)

提言 : 福岡市立筑紫丘中学校PTA
発表 : 三浦 裕明会長
テーマ : みんなで参加しよう! 「 おはよう!いってらっしゃい運動 」
討議題 : 『連携』 地域とともに学び、育ち、はばたくPTA活動
討議の柱 :
1.学校・家庭・地域と連携したPTA活動
2.健全育成のために地域の核となるPTA活動

第55回 九州ブロックPTA研究大会 くまもと大会

筑紫丘中学校では、PTA活動における負担軽減などを目的として、PTA会員全員が各委員会が行う事業に1人1事業以上参加することを義務づけた結果、前年度までと比較して活動への参加率が向上したそうです。

PTA活動において事業の見直しをした一方、PTA会員をはじめ生徒や地域の方々と行える活動を模索していたところ、当時の校長先生が前任校で取り組んでおられたあいさつ運動に地域ぐるみで取り組むことになったそうです。

具体的な活動内容は、中学校区内の児童・生徒が登下校時に保護者や地域の方に積極的にあいさつをし、保護者や地域の方はあいさつに一言を添えてそれにこたえるというものです。

活動に取り組む前には、中学校区内のほかの学校や地域に対し、説明や協力依頼をすることで、中学校区での取り組みが実現したとのことでした。

「知らない人にあいさつをすることが危険ではないか?」 などの意見もあるなか 「声をかけ合うことで犯罪の抑止になることもある」 と考え、子どもたちの健全育成を願って今後も取り組みを続けていかれるそうです。

【第8分科会】 教育問題 ・ 小学校 (場所 : 崇城大学市民ホール)

提言 : 福岡市立弥永小学校
発表 : 富永 順子 会長
テーマ : 豊かな心と基礎学力の向上を支援するPTA活動
~家庭 ・ 学校・子どもが連携し学力の向上をめざすPTA活動~
討議題 : 『人間力』
豊かな心と基礎学力の向上を支援するPTA活動
討議の柱 :
1.子どものしつけを考えるPTA活動
2.家庭 ・ 学校 ・ 子どもが連携し学力の向上をめざすPTA活動

弥永小学校では 「挨拶は一番大事なコミュニケーション」をモットーに、学校・家庭・地域との連携を密にして、家庭の教育力向上を目指して活動しているそうです。

提言のあった主な活動をご紹介します。

第55回 九州ブロックPTA研究大会 くまもと大会

朝食簡単メニュー作戦

この活動では、基本的生活習慣の定着を目標に、保護者から朝食メニューを募集し、レシピ集やレシピカレンダーを作成して保護者に配布しており、現在約98%の児童が朝食をとって登校しているとのことで、今後は朝食摂取率100%を目指して活動を続けたいとのお話でした。

ガンバ廊下YES

これは、基礎学力の向上を目指す取り組みで、職員室前の廊下に机と椅子を並べて、放課後に15分間学習した子どもはポイントがもらえ、40ポイント貯まると認定証がもらえるという仕組みです。
指導は、専科の先生や校長・教頭・教務の先生が行っていますが、来年度からはPTAとも連携して取り組む予定だそうです。

午後の寺子屋

分からないところの勉強や残って勉強したいという児童を対象に毎週火曜日は4~6年生、木曜日は1~3年生を対象に実施し、ドリルや学校が用意した問題集などの勉強を退職された校長先生と大学生のボランティアが手伝いをしているそうです。また、この取り組みはガンバ廊下YESと同様、今後、会員にも協力を呼びかけていくとのことでした。

このほかにも、児童をはじめ教職員、保護者や地域の方も参加して行われる 『 トイレピカピカ大作戦 』 や、参観・懇談時などの際に託児を行うなど、独自の活動に取り組んでいるそうですが、児童数の減少とともに保護者数も減少しているため、事業の見直しなどをしながら活動していきたいと話されていました。


【全体会 】(場所 : グランメッセ熊本)

開会のことば、主催者あいさつなどに続き、表彰式が行われ、福岡市から藤本 彰穂 前副会長に表彰状と感謝状、一井 貴子 前副会長に表彰状、柴田 美樹 前事務局員に感謝状が贈呈されました。

また、団体として東箱崎小学校PTAと美和台小学校PTAに表彰状が贈呈されました。

続いて大会宣言と決議文が採択され、開催地へ感謝状の贈呈が行われたあと、次期開催地として北九州市よりあいさつがありました。

第55回 九州ブロックPTA研究大会 くまもと大会


【記念講演】

講師 : 杏林大学外国語学部教授 金田一 秀穂 氏
テーマ : 子どもが変わる親のコトバ ~親子で育む子どものコミュニケーション~

金田一氏は 「 言葉は人間同士が仲良くなるためにある道具。言葉の役割は相手に心地よく伝わることであり、人の心が通じ合うことがもっとも大切 」 と言われ 「 正しい日本語は大事だが、まちがった言葉でも相手に気持ちが伝わることがより大事。自分の気持ちが表現でき、相手が理解できる言葉が美しい言葉です 」 と話されました。

また 「 子は親のかがみ 」 と言われ 「 親がフィルターとなって子どもに正しい情報をおくる。その姿を見せることがコミュニケーションになります 」 とご講演くださいました。

第55回 九州ブロックPTA研究大会 くまもと大会

【講演会・研修事業】博多区 東光小学校父母教師会

企画表題:「子どもが主役!」やる気をのばす愛ことば
担当責任者:東光小学校 PTA担当副会長 眞﨑加奈子
実施期間:平成22年10月28日(木) 15時~16時50分
参加人数:176名 (小中学校保護者・地域の方々・教職員)

活動内容

目的

現代の子どもたちは、自主性に乏しく自分で考えて行動にうつすことが苦手な傾向にある。

子どもたちが目標意識をもち、自分で考えて行動できる力を身につけるために、親はどのような言葉かけ・接し方をすべきか、家庭教育について考え直す機会とする。

活動内容

事前準備
  • 講演内容の把握、講師への講演予約・打ち合わせ
  • 講演会参加の呼びかけ(当校保護者・校区中学校・近隣小学校・地域の方々 等)
  • 案内のおたより作成・配布
講演会

テーマ:「子どもが主役!」やる気をのばす愛ことば
講師: 東福岡高等学校 ラグビー部監督 谷崎重幸 先生
場所:東福岡高等学校 記念講堂

講演内容

東福岡高校ラグビー部監督としての選手との関わりなど、体験談を交えたお話の中で、先生は「大人が変わることで、子どもが輝く」と言われた。「大人の都合で子育てはできない。“いいこと”はやらせるのではなくまず親がやる、子どもはその親を見てできるようになる。親は根であり、子どもは幹。子どもたちにきれいな水を与えるのは、根である親の役割である。」水、つまり、どんな言葉かけを行うかで子どもたちの伸び方が変わってくるのである。

子どもの自主性を阻害する言葉としてつかってはいけない「ダメ・違う・DON’T・NO」は私たち大人がよくつかう言葉である。「子育ての主役は子どもであり、その主役を信じて許すこと。否定はせず、失敗を責めるのではなく、チャレンジしたことをほめること。そうすることで、子どもは喜んでまたチャレンジしようとがんばる。」監督は、選手が自分の判断と自己責任のもとで動けると信頼し、試合中も具体的な指示は出さないという。信頼し、個を尊重することで、選手たちは自ら考え自分の力を発揮することができるのだ。

愛ことばは、「ありがとう」とほめ言葉、そしてLOVE POWER。

特に「ありがとう」と感謝しあうことは大切である。

成果と課題

講演会参加者アンケートより

  • 「違う」「ダメ」つかってはいけない言葉。毎日のようにつかっている自分に反省させられた。
  • 自分が変われば周りも変わる、本当にその通りだと思いました。もっと子どものよいところを見つけて、ほめて子育てしてみようと思う。
  • 失敗を怒るのではなく、チャレンジしたことをほめる。結果ではなく、プロセスが大事。分かっていても、つい結果だけに反応してしまうので気をつけたい。
  • 信じて許す、言葉では簡単でも実践は難しい。だけど、できることから、まずは自分が変わることから始めようと思った。
  • 感謝のことば、愛ことばのシャワーを子どもにしっかり浴びせたい。
  • 親である自分たちがしてみせて、言葉を発して、子どもたちに気づかせることの大切さ、自らが発信する力を身につけることの大切さを学んだ。
  • 言葉かけ、どんな言葉を口にだすかで周りの反応も変わる。とても勉強になった。

博多区 東光小学校父母教師会

成果と課題

アンケートからもわかるように、子育ての主役は子ども。その子どもたちを伸ばすためには、まず大人自身が変わること、大人のかける言葉を変えることが大切だと気づけた。

気づいたことで、大人が変わろうと意識し実践へとつなげるよい機会となった。

先生の体験談から、監督と選手の信頼関係・絆を通じて、それぞれが親子の関係-根と幹-を見つめ直すことができたと思う。

講演時間が夕方近かったため、小さなお子さまのいる家庭は参加できなかったとの声もあり、時間の検討や、参加できなかった方々への報告の形も検討したい。

その他

講演時間が児童下校後のため、多くの保護者が参加できるよう、放課後開催している「わいわい広場」を1日体験として登録児童以外も参加できるよう協力していただいた。参加者からは、安心して講演会に参加できた、という声も多かった。

【講演会・研修事業】中央区 平尾中学校父母教師会

企画表題 : 人はそこにいるだけで価値がある
担当責任者 : 福岡市立平尾中学校 父母教師会副会長 川崎 真紀
実施期間 : 平成22年10月27日(水)
参加人数 : 2年生生徒 265名、 2年生生徒265名、特別支援学級生徒6 保護者37名、 教師16名

活動内容

目的

性を大性を大切にしようと思えば、生が大切になります。性教育は生教育です。
生を大切にすれば食が大切になります。生きることは食べること、食べることは、生きることです。「性」と「生」と「食」はつながっていたのです。
上の文は、内田美智子さんの著書『 こ こ 』~食卓から始まる生教育~ にあったものです。この言葉の意味を家庭で親はどのようにして子どもたちに伝えていったらいいのか。日々の生活を親子で考える機会にしていきたい。

活動内容

講演をきいた感想

・私はいとこが1歳のころに父親が死んで泣いたのを知りました。もちろん記憶もあいまいで父親の顔も覚えてないらしくいまだに病名も教えてもらってないそうです。いとこは13歳になっていていつも私のお父さんのことをパパと呼んでいます。私は、今のお母さんとお父さんが仲が悪くいつ離婚してもおかしくない状況で、私もいずれいとこと同じ人生になるのかと思うと悲しいです。でも私は、結構小さいころに親から[死ね]や「おまえの顔も見たくない」と言われ、生まれてきたくなかった!
病気の人と変わってあげたい!いとこのお父さんと変わってあげたいと自分を責めました。でも、今は違います。たとえ、悲しく苦しくなるかもしれないけれど、今日の講演をきいて、くじけずがんばろうと思ったし、最後に日本のひとみさんという人の分まで100歳まで生きようと思う。ひとみさんがお母さんに言った言葉に感動しました。性より命の大切さについて知れてよかったと思います。(女子)

・人の命の大切さを学びました。生きているだけでいいこと、生まれてこられただけでもいいこと。途中で言っていたけど、親に文句を言ったりしていけないなと思いました。17歳の女の子が恋をしたら家族から生きたまま焼かれるなんてあり得ないと思いました。何でそんなことをするのか不思議です。次のメアリーちゃんて子もすごい年の離れている人と勝手につきわされあわされて、自由がなくてかわいそうだと思いました。好きでもない人と妊娠させられて最悪だと思いました。
最後の話は感動しました。私たちと同い年の子がガンにおかされているのにお母さんに優しい言葉を言ってすごいなと思いました。私は多分そんなことは言えません。これからも自分の命を大切にしてお母さんお父さんに迷惑をかけないようにしたいです。(女子)

平尾中学校父母教師会

平尾中学校父母教師会

・私が家に帰って今日の話を1番に伝えたいのは母です。母にありがとうと言いたいです。
今日の話を聞いて自分をうんでくれた母、育ててくれた母を思い浮かべました。世の中にはおなかのなかで赤ちゃんが死んでしまったり、生まれてすぐに施設に入れなくてはいけない人がいることを知り、いま自分がここにいれることに感謝しました。母は私にとって誰よりも強く偉大な存在であり私の味方です。(中略)両親からの愛を感じられ私は本当に幸せだと思いました。この幸せは大きなものではないけど、一生つづけばお金でも買えない大きなものになると思いました。(女子)

・講演の「人はそこにいるだけで価値がある」というタイトルを聞いても私は正直ピンときませんでした。「人は確かにみんな価値があり、生きる権利がある。でもそれは、人生のなかでたくさんのことを経験したり、多くの人と関わりあい、さまざまな感情をもつことに価値がある」と思っていたからです。しかし、この講演をきいてタイトルの意味がわかりました。私たちは母が命がけでうんだ命であり、ここに生きていることは当たり前でないことに気づきました。(中略)生きていることの重みに気づいたので、母への感謝、1日1日の重みをかみしめながら生活していきたい。(女子)

・忘れかけていた生まれてくれたときの喜びを思い出しました。当たり前の毎日を感謝の気持ちで精一杯生きて行かなくてはと思います。大人から見れば、子どもは何やっているのかともどかしいのですが、がんばっていることを認めてあげようと思います。(母親)

・子どもが小さいときを思い出し、いまの生意気な子どもも、あの小さいころのかわいかった子が大人になろうともがいている通過点なんだと思いました。毎日けんかができる幸せを感じながら彼の成長を楽しみにこれからも見守っていこうと思いました。私にも母がいます。母にお世話になったこと、そしてこれからそれを返していくことも改めて思いました。(母親)

成果と課題

昨年に引きつづき内田美智子先生の講演で、保護者だけでなく地域の小さい子どもをもつ母親の参加もありりました。「また来年もお願いします」という保護者の声もあり好評でした。オープンスクール期間中に講演を実施して、もっと多くの保護者に聞いて欲しかったのですが、講師の先生と日程の調整が難しく、今年度もオープンスクール中の実施は無理でした。講演をきいた子どもたちの感想は、家族や母親への感謝の言葉が多く、保護者からは、子どもたちが生まれてからの成長過程をふり返るとともにこれからも成長を見守っていきたい、家庭で講演のことを子どもと話していきたいと言う感想が多かった。

【ふれあい体験事業】早良区 脇山小学校父母教師会

企画表題:脇山小 花いっぱい運動
担当責任者:脇山小学校父母教師会 会長 真子精祐 担当副会長 西山みのり
実施期間:平成22年10月22日(金) 12:30~14:00
参加人数:児童 30人 保護者 20人 計50人

活動内容

目的

  • 親子がふれあい、花を植えることにより、自然の大切さを考えながらコミュニケーショションを深める。
  • みんなで協力してたくさんの花を植えることにより、共同作業の大切さを学ぶ。
  • きれいな花に囲まれた気持ちのよい学校にする。

活動内容

当日までの流れ

  • 当初、企画の段階では保護者の参加を多くするため、土曜日での設定にする予定であったが、前後の土曜に学校行事があり、保護者だけでなく子どもたちの参加も危ぶまれる様子だったので、やむなく平日に変更した。そこで必ず来ていただける保護者に協力委員の呼びかけをした。(11人集まる)
  • 事前の運営委員会だよりを通じて、他の保護者にも参加協力のお願いをした。
  • 子どもたちにも参加してもらえるように、昼休みの時間に設定した。
  • 花苗・土・肥料の購入。

早良区 脇山小学校父母教師会

当日の動き

準備
  • 短い時間での作業なので、時間までに底石や土をある程度入れて準備した。
  • 子どもたちに参加してもらえるように、昇降口前に花苗や鉢などをセットした。
  • 先生方には給食の時間に子どもたちに呼びかけをしていただいた。

早良区 脇山小学校父母教師会

花植え開始

・保護者は正門横の花壇とプランターに、子どもたちは保護者からの指導のもと、鉢に植えた。

成果と課題

成果

  • 親子できれいな花を植えることにより植える楽しさを実感し、また花に対する愛情が生まれ、自然の大切さも実感してもらえたと思う。
  • 120周年記念式典や、学習発表会を前に、児童・教職員、また来校されるすべての方々に花に囲まれた学校でお迎えすることができる。

課題

・土曜の実施予定を平日に変更したため、保護者の参加が少なく、「ふれあい」という面では課題を残した。次回開催の際は参加が増えるように取り組みたい。

中庭の様子

学校行事の前には体育館前に移動する予定

早良区 脇山小学校父母教師会

平成22年度 小学校PTA会長研修会

日 時 : 平成22年10月22日(金) 18:30~21:30
場 所 : ANAクラウンプラザホテル Crowne Grand Ball Room
講 師 : 大庭 宗一 氏
演 題 : 「何のために」

今年度の小学校会長研修会は、講師にエッセイストやラジオパーソナリティーとして活動していらっしゃる 大庭 宗一氏をお迎えし、ご講演いただきました。

大庭氏は 「 ほめ方が上手なら叱らなくていい。自己肯定感はほめることで育つ 」と話され 「 『できない』と『やらない』は別。物事をプラスにとらえ、人に勝つより自分に負けないことが大切 」 と言われました。

また 「 たとえ大人でも、人間やる気になれば年齢に関係なくやり直しができる。可能性は平等にあるのだから ”不公平”を言い訳にせず、夢を思いつづけて 」 と言われ 「 子どもがあこがれる大人がいれば、子どもはもっとのびると思います 」 とお話くださいました。

平成22年度 特別支援教育啓発研修会

日 時 : 平成22年10月13日(水) 10:30~12:30
場 所 : 福岡市民会館 大ホール
講 師 : 北里大学 准教授 石坂 郁代 氏
演 題 : 「こころを育むコミュニケーション」

障がいのある子どもたちや、特別支援教育への正しい認識と理解を深めるため、特別支援教育啓発研修会が開催されました。

はじめに主催者を代表して、福岡市PTA協議会 疋田 敏明 会長と、福岡市立特別支援学校PTA連合会 国分 節雄 会長よりごあいさつがありました。

続いての講演では、まず石坂氏より 「 ことばをつかわずに今日の朝食を隣の人に伝えてみてください 」 と、大変難しい課題が出され、参加者はジェスチャーなどで隣の人に伝えようと努力をしていました。

その様子をご覧になった石坂氏は 「 相手のことが分かることで共感する喜びがうまれ、笑顔になる。よりよいコミュニケーションを考えるときには、声の調子や表情など、ことば以外のことも大切 」 とお話いただきました。

平成22年度 特別支援教育啓発研修会

また 『 気になる子どもたちのコミュニケーション 』 として 「 いいところがたくさんあるという見方に変えることでいいところをのばしていける。大人が変われば子どもも変わります 」とご講演いただきました。

平成22年度 特別支援教育啓発研修会

平成23年度 福岡市教育予算に関する要望書 提出

日 時 : 平成22年10月1日(金)10:00~11:00
場 所 : 福岡市役所7F 議員棟 第1・2応接室

福岡市教育委員会より、教育長をはじめ教育委員会の方々、福岡市PTA協議会より、役員、教育問題委員長・副委員長の出席のもと、平成23年度の福岡市教育予算に関する要望書提出が行われ、福岡市PTA協議会 疋田 敏明 会長より福岡市教育委員会 山田 裕嗣 教育長に手渡されました。

また、今年度は教育問題委員もオブザーバーとして同席させていただきました。

平成23年度 福岡市教育予算に関する要望書 提出

要望内容について、教育問題委員会 木下委員長より説明をし、その後、教育長ならびに教育委員会の方々と意見交換が行われました。

平成23年度 福岡市教育予算に関する要望書 提出

※ 平成23年度 教育予算に関する要望書は、PDFにて添付しております。
平成23年度福岡市教育予算に関する要望 – PDFダウンロード(128KB)