月別アーカイブ: 2010年11月

【講演会・研修事業】中央区 警固中学校父母教師会

企画表題 : 「命の教育」 講演会
担当責任者 : 警固中学校父母教師会 担当副会長 田中 一子
実施期間 : 平成22年11月30日(火) 10:00〜12:00
参加人数 : 生徒(3年生) 129人 小・中学校保護者 地域の方 69人

活動内容

目的

子どもたちにとっては、思春期のさまざまな課題とともに、生命誕生のすばらしさや命を育むことの大切さ、また自分の命の重さやまわりから見守っていただいていることの大切さ等を一人ひとりが考えることを目的とする。
保護者にとっては、家庭の教育力を高め、子どもの自立を援助することを目的とする。
地域の方々にとっては、子どもたちや小・中学校の保護者との講演会をとおして警固中学校区の小・中学校・地域との連携をはかっていただけるように推進する。

活動内容

※ 事前準備
・講師の予約・講演内容の確認・打ち合わせ
・講演会参加の呼びかけ・ご案内のおたより作成
・講演会垂れ幕の準備・当日体育館のレイアウトなど、学校と打ち合わせ

※ 当日のながれ
・父母教師会会長より あいさつ及び講師紹介
・講演 「命の教育」 〜いのちをいただいて、つなぐこと〜  講師:内田 美智子氏 


  
             

助産師としての経験のなかから

スライド上映に音楽を織りまぜながら講演が進められた。
人は生きるためにうまれてくる。
誰かに愛されるため、誰かを愛するためにうまれてくる。
死産の子を出産する母親に助産師である私たちは何と言って励ませばよいのか。

警固中学校父母教師会

死産した子を一晩抱いて眠る母、泣かない赤子を抱いてもなお母は母でありつづける、母は強くてやさしい。子どもは宝物、生きていることがすべて奇跡の連続。この命どう生きていくか。いろいろな命をいただいて生きていることに感謝してほしい。お母さんの体が傷ついて命が生まれつづいていく。親はあなたたちより先に死んでいく、ずっとめんどうを見てくれるわけではない。いずれ子どもたちは一人で生きていくときがくる自分でご飯がつくれますか?部活だ塾だ、時間がないからと、お手伝いをさせていないのではないですか?口は命の入り口、食べ物は命のもと、自分の健康(心と身体)は自分で守るんだよ。

警固中学校父母教師会

一人で生きていくために何が大事なのか、中学・高校は大人への準備期。
いましかできないことは、いましよう。
かっこいい大人になるために努力してほしい。

警固中学校父母教師会

・校長先生より お礼の言葉
・生徒代表より お礼の言葉・花束贈呈 

警固中学校父母教師会


成果と課題

昨年に引きつづき、内田先生に「命の教育」の講演をしていただき、昨年の反省から今年は地域の方や小学校の保護者にも声かけをした。保護者の方のなかには2回目の方も多く、感想のなかにも来年も警固中での内田先生の講演をつづけてほしい、他の学年、自分の子どもにもきかせたいとの意見が多数あった。
子どもたちのアンケートでは、素直に、感動しました。ありがとうございました。とほとんどの子どもが書いており、自分の命の大切さ、親への感謝、そして将来への思い等用紙いっぱいに書いてくれていた。
また今回、お弁当の日に取り組んである学校の話のなかで、お弁当をつくった子どもたちの恥ずかしそうな、でも誇らしげな顔をスライドショーで見せていただき、警固中の子どもたちの心にもご飯を自分でつくることの大切さやかっこよさが、より伝わったように思う。
保護者も、子どもが生まれてきたときの感動や感謝、自分たちの親に対する感謝等、子どもたち保護者ともに、いままであたりまえだと思っていたこと、日々の忙しさのなかで忘れていたこと、流してしまっていたことに、あらためて気づき、考える機会となるすばらしい講演だった。
課題としては、全学年を対象にという要望もあったが、今回の内容は受験を控えた、いまの3年生の心に一番響くのではないかと思う。全学年を対象にする場合は、事前に内田先生との講演内容についての検討や打ち合わせがより必要だと思う。

【講演会・研修事業】城南区 片江中学校PTA

企画表題:生命の大切さと思春期の性について親子で考える
担当責任者:片江中学校PTA 担当副会長 山口 陽子
合同学年委員長:寺本 尚美
実施期間:
平成22年 6月29日(火) 講演14:10~15:20 懇談会15:30~16:15
11月 2日(火) 講演14:10~15:20 懇談会15:30~16:15
11月30日(火) 講演14:10~15:20 懇談会15:30~16:15
参加人数:
1学年生徒 175名  教職員 10名  保護者 30名
2学年生徒 178名  教職員 10名  保護者 20名
3学年生徒 192名  教職員 10名  保護者 22名

活動内容

目的

家庭では話題にすることが難しく、かかわり方に悩むことの多い思春期の性の問題を取り上げる。
生命の大切さと、思春期の子どもが関心を持ち始める性についての講演を親子で聴くことは、保護者にとって、子どもへのかかわり方を見直す機会となり、家庭内の教育力の向上を促す。
また、子どもにとっても、性の正しい知識を得て自分(生命)をより大切に考える良い機会となる。また、講演後、図書室に移動し、講師と保護者との懇談会を行い、親として子どもへの対応など情報交換の場を設ける。

活動内容

親子で聴く講演会・Ⅰ
~一年生対象~  6月29日(火)

テーマ

「命の大切さについて」

講師

福岡県家庭教育推進委員  熊丸みつ子 氏

内容

「大丈夫!あなたたち順調よ!」から始まる講演。中学生になって心と身体の変化に対応出来ない子どもたちは、驚きながらも素直に受け止めたようだ。これが思春期。みんなそうなんだという安心感と同時に元気を与えられた。
「性と生」について考え、今ここに存在していることが素晴らしいということ、生命の誕生から、いじめ・ドラッグの話まで話題満載で笑いあり涙ありの感動の連続でとてもわかりやすく、最後まで生徒も保護者も引きつけられていた。


親子で聴く講演会・Ⅱ

~二年生対象~  11月2日(火)

テーマ

性と生を学ぶ「中学生のみんなに伝えたいこと」

講師

浜の町病院 助産師  上野恭子 氏

内容

“生命の誕生”について、助産師としての現場体験に基づき、一人一人がかけがえのない生命であることを、受精してから誕生するまでの胎児の成長の様子を具体的にスライドショウで上演され、実際に子どもたちに10kgの腹部の重りをつけさせ妊婦体験をさせることで、父母の思い・苦労を語られた。また、等身大の新生児の人形を抱かせてもらい、その生命の重みを親子で実感できた。
子にとっては自分の生命の原点を認識し、親にとっては子育ての原点を振り返り、改めてお互いを愛しく思い合う、すばらしい時間を持つことができた。
     


親子で聴く講演会・Ⅲ

~三年生対象~  11月30日(火)

テーマ

生命のリレーを学ぶ「中学生」に伝えたい思春期の性について」

講師

浜の町病院 助産師  上野恭子 氏

内容

“生命の誕生”から思春期の“性”についてまでを、スライドショウ上演と先生のわかりやすい言葉で話していただき、また「性感染症」の恐ろしさを具体的に説明していただいた。男子生徒に実際に10kgの腹部の重りをつけ、妊婦体験をさせてもらった。
「三学年」のこの時期の思春期の子どもたちと保護者に「今ここに生きていること」を考えさせられる内容であり、自分の生命の原点を知り、お互いの性への思いやりの大切さをしっかり伝えていただいた。
実体験に基づくお話をたくさんしていただき、自然に、そして素直に子どもたちは受け入れていた。


成果と課題

   

1学年生徒の感想

・僕は、今日の講演を聞いて、生きていることの素晴らしさをあらためて知りました。今ここにいることが幸せで、3億の中の1つが自分ということが素晴らしく、思春期は大人への階段の1つでこれを超えると素晴らしい自分になるということも知りました。

1学年保護者の感想

・話はとてもわかりやすく、心に響きました。特にいじめの話は胸がつまる思いでした。「比べるのは半年前、一年前の自分と比べなさい。必ず成長しているから」という言葉は、胸が痛かったです。知らず知らずにお友達と比べている自分がいたからです。これからは半年前、一年前の子どもと比べられるようにしていきたいと思います。
 これからも親子で聴ける講演会があると嬉しいです。

2学年生徒の感想

・自分はいやな時に「死にたい」って思ったことが何度かあったけど、今思うとお母さんが一生懸命産んでくれて、自分も死にものぐるいで生まれてきたというこの生命をそんなに簡単に「死にたい」なんて思ってはいけないと思いました。
・赤ちゃんができて、重くて腰や肩が痛くなってもずっと頑張っている女の人はすごいなと思いました。お母さんもこんな苦労をして僕を産んでくれたんだと思い、これからは親や周りの人に感謝しながら生活していきたいです。

2学年保護者の感想

・息子が生まれた時のことを思い出し、今は親の言うことも聞かなくなり色々悩むこともありますが、生まれてきてくれたことに感謝し、我が子と大切に関わっていかないといけないと思いました。
・親としては改めて我が子を愛していると思える時間でした。子どもたちは自分の生命の原点を知り、そのかけがえのなさに気付いたのではないでしょうか。このような機会は子の育ち、また親にとってもとても大切です。子の発達段階に応じたこのような機会を毎年お願いします。

3学年生徒の感想

・性感染症の恐ろしさを知りました。相手に合わせるだけでなく、しっかり自分の意思をもつことが大切なんだと思いました。
・上辺だけではなく、何でも真剣に向き合って話せるような信頼関係を築いていきたいです。
・自分に子どもが出来たら絶対に大事に育てたいと思います。

3学年保護者の感想

・思春期で毎日の様に反抗している息子の存在を嫌になる事もあるが、久しぶりに命の誕生を見て、神秘的な感動をもう一度振り返る機会ができました。
・本来ならば親の私たちが話してあげなければいけない話をしていただき、少しホッとしています。親の私も産んだ時のことを思い出し、今日一日はやさしくなれそうです。

成果

各学年の発達段階に応じた“生命の教育”がなされた成果は大きい。1年生では、「生命の意味するもの」を知ることから入り、2年生では「生命の誕生の重み」について認識を深め、そして3年生では「より良く生きようとする現実としての性と生」を考えるすばらしい時間を持つことができた。

どの子も、自分一人で生きているのではなく、昔からそして今も、たくさんの人たちに支えられてここに存在している生命であることを心から感じたのではないかと思う。子どもたちには、生命の神秘、自分という生命の誕生のかけがえのなさ、産み育ててくれた両親の愛への気づき、またそのことへの感謝、そしてこれからの自分の生を大切に生きていきたいと決意するにまで至った感想も多かった。また、助産師という人間の生と、時には死にも向き合う講師の職業を知り、自分の将来について考えた子もいた。保護者の方では、改めて子育ての大切さやその意味を感じ考える良い機会となり、思春期の中で難しい時期ではあるが我が子にしっかり向き合いたいという気持ちになり、子どもへの愛を再認識したなどの思いが聞かれた。そのような感想も講演会の報告と合わせて、養護教諭の先生が熱心のその都度“保険だより”で知らせてくださり、参加できなかった保護者とも内容について共有することができた。

思春期の子どもとその親が「性と生についての話」を聴くことは実に貴重な体験である。特に性については大切なことであるから家庭で話題にしたいが、親からどうきりだしていいものか悩み、結局話せないままになることが多い。また、我が子がどんなに大事な存在であるのかを伝えたいが日常の生活の中でじっくり話すこともなかなか思うようにいかない。そんな中で、親子で客観的に考え、かつ主観的にお互いのかけがえのなさを感じることのできた愛にあふれる本当にすてきな時間、それがこの講演会だった。立ち止まって感じたことは、子ども達にとってはもちろんだが、親にとってもこれからの人生を生きる上で大きく力になることだろう。ぜひ、これからも続けて取り組んでいきたい。
 

課題

課題としては、保護者の参加しやすい講演会の日程の設定があげられる。今回は各学年講演会後に講師との懇談会を行ったが、講師と保護者との懇談のみであった。学年全ての先生方も一緒にたくさんの思いを話しながら、講師の先生もふくめてみんなでつながり、よりよい子どもたちの成長について考えスクラムを組むことができると最高だ。そんな時間や場の設定の工夫ができ、みんなでつながることのできるすてきなこれからをつくれるようまた考え行動していきたいと強く思う。

平成22年度 青少年健全育成大会

日 時 : 平成22年11月26日(金) 12:45~15:30
場 所 : 福岡市民会館

青少年健全育成大会が開催され、医学博士の海原 純子氏を講師にお迎えし 『 ひとことを変えれば子どもは伸びる 』 と題してご講演いただきました。

青少年健全育成大会

海原氏のお話に、子育てや生き方についてのヒントをいただいた講演会でした。

青少年健全育成大会

平成22年度 「たのしい子育て全国キャンペーン」

~親子で話そう!家族のきずな・わが家のルール~
三行詩コンクール 選考会

日 時 : 平成22年9月21日(火) 10:00~12:00
場 所 : 福岡市PTA協議会 事務局

三行詩コンクールの選考会が行われ、1,063作品の応募のなかから、小学校の部 ・ 中学校の部 ・ 一般の部より、それぞれ5作品ずつが選出されました。

平成22年度 「たのしい子育て全国キャンペーン」

第1次選考で選出された作品につきましては、社団法人 日本PTA全国協議会および文部科学省に設置される選考委員会において最終選考が行われ、そこで優秀作品として選定された作品については11月27日(土)、東京にて表彰式が行われる予定です。 

第1次選考選出作品は以下のとおりです。

小学生の部

おかあさんの え本よむこえ、きいてたら わたしは、だんだんゆめの中。(百道小学校2年 福谷佳奈子)
うちのなか はれあめくもり ははしだい(照葉小学校4年)
また、しかられた。 悲しいのは僕なのに お母さんが涙目だ (塩原小学校4年 後藤 智紀)
『に じ』 大雨のあと、「大きなにじがでているよ。」 ばばからのでん話 私におしえてあげようって一番に 思ってくれてありがとう。(塩原小学校3年 広木 琴音)
毎日のようにケンカして いやな思いもするけれど 相手がいないとできないよ(席田小学校5年 内場 敏彰)

中学生の部

1日が元気に過ごせる魔法のみそしる 母の手作り パワーの源。 (横手中学校2年 岡田 朋子)
カレーのおいしい理由 皮を私が一生懸命むいて 母が隠し味に愛を入れるから (箱崎清松中学校2年 永嶋 ひな乃)
『お手伝い』 「危ないから向こうに行っててね。」が 「一緒に手伝って。」に 変わった嬉しさ。(箱崎清松中学校1年 川上 愛実)
「ハンカチ持った?」と聞くお母さん 「わかっとる」って答えているけど そういう会話があったかい。(住吉中学校1年 冨田川 慧)
ここ一番 持たせてくれる弁当は 愛とパワーが てんこ盛り 実力以上の力出る(長丘中学校2年 下田 真里奈)

一般の部

可能性 信じているよ 心から ママはあなたの 応援団長(笹丘小学校)
添い寝して 毎晩楽しむ読み聞かせ 布団で体はぽっかぽか 絵本で心もぽっかぽか(今宿小学校 笠 ゆかり)
我が家の食育。愛情ご飯、残さず食べて!子どもが残すと、父育つ。(壱岐南小学校 原田 謙治)
子話す、母話す いつまでたってもキリがない 一日の終わり ふとんの中 (席田小学校 増田 美恵)
お母さん、僕を生んでくれてありがとう その言葉に、お母さんを、選んで生まれてくれてありがとう(香陵小学校 井上 磨美)

平成22年度 特別事業・2

bjリーグ ライジング福岡 プロバスケット公式戦 親子観戦チケット抽選会

日 時 : 平成22年11月19日(金) 10:00~13:00
場 所 : 福岡市PTA協議会 事務局

親と子の絆を深めていただくことを目的に取り組んでいる特別事業Ⅱにおいて、今年度はプロバスケットの bjリーグ ライジング福岡 公式戦の親子観戦を企画いたしました。

平成22年度 特別事業Ⅱ

3,361通のご応募をいただいた中から、厳正なる抽選のうえ、親子1,200組のみなさまへ観戦引換券をお送りさせていただいております。

当選された方におかれましては、1月15日(土)・1月16日(日)・2月5日(土)・2月6日(日)のいずれかの試合を親子でご観戦ください。

なお、当選された方には観戦引換券と同時に試合時間や観戦上の注意事項等の詳細をお送りさせていただいておりますので、ご参照の上、会場へおいでください。

平成22年度 中学校・特別支援学校PTA会長研修会

日 時 : 平成22年11月8日(月) 18:30~21:30
場 所 : ソラリア西鉄ホテル
講 師 : 福岡市こども総合相談センター 緊急支援課長 河浦 龍生 氏
演 題 : 「児童虐待と非行」

研修会の開催にあたり、主催者あいさつの後、ご来賓を代表して 福岡市教育委員会学校指導課 課長 池田 一司 氏より、今年度実施された全国学力・学習状況調査の結果などについてのお話を交えながらごあいさつをいただきました。

講演では河浦氏より、近年虐待が増えた背景として 『 育児の密室化・孤立化 』 や 『 育児情報の氾濫 』 などがあげられ 「 親の状況がどうであれ、子どもに接するのが親では?親になりきれていない親の増加などの要因も考えられるが、虐待は現代社会が抱える問題を提起しているのではないか? 」 と話されました。

また、虐待による子どもへの影響として、トラウマ(心的外傷)や感情調整・対人関係の障がい、自己肯定感の欠如などをあげられ、虐待と非行との関係性については 「 虐待をうけた子どもの低学年での非行は、虐待環境から逃れるための回避行動。これは適応行動であり、早期の段階で食い止めることが重要 」 と、保育園や学校、福祉事務所や地域の民生委員の方などとの連携の大切さをお話いただきました。

【ふれあい体験事業】早良区 賀茂小学校学校父母教師会

企画表題:子どもの将来につながる体験を!! 賀茂小フェスタ
担当責任者:賀茂小学校父母教師会 担当副会長 吉田資子
実施期間 :平成22年11月7日(日) 12:30~14:30
参加人数:全児童、教職員、保護者、コーナー指導者 合計 約650名

活動内容

目的

1.従来の収益型バザーから児童の体験型フェスタへと内容を一新する。
PTAの活動テーマ「みんなでつくろう 子どものえがお」に沿って、『学校の授業とは違うこと』『子どもたちの興味・好奇心が広がり趣味や職業として将来へつながるようなこと』を、少しの時間でも体験できる場所・時間をPTAで提供する。

2.賀茂校区では本来保護者がするべき役割を、地域の方々のご厚意に甘えてしまい、保護者が学校へ足を運ぶことが少なくなっている。フェスタの準備・開催にともない、より多くの保護者にPTA活動へ興味をもってもらい、今後の参加へつなげたい。

活動内容

事前準備

○ コーナーの企画、指導者の依頼
○ 保護者(フェスタ委員以外)のお手伝い募集
○ 児童・保護者への告知、教職員への説明・協力依頼
○ 各コーナーごとに打合せ・必要物品の準備
○ 児童の希望調査・集計・お知らせ

当日の流れ

○ フェスタ委員・コーナー指導者集合、諸連絡
○ 児童が昼食をすませたあと、各コーナーの準備を始める
○ 各教室にて担任の先生より諸注意
○ 終了後フェスタ委員・コーナー指導者集合、会長・学校長あいさつ、反省
○ あとかたづけ

早良区 賀茂小学校学校父母教師会

「シャボン玉の中に入ろう!」 「西鉄バス 車体説明と試乗」 「古川年巳先生のご指導でかまぼこ作り」

早良区 賀茂小学校学校父母教師会

「給食エプロンにアイロンかけ」「女子に一番人気『デコレーション』」「校舎の壁にペンキ塗り」
(校舎内に15、体育館に2、校庭に3の計20のコーナーを設けた)


成果と課題

○ フェスタ委員・コーナー指導者のていねいな準備のおかげでスムーズに運営された。お天気もよく、校舎内・校庭・体育館のどのコーナーも子どもたちが多く、楽しんでいた。「とても楽しかった」「もっといっぱい回りたかった」という声が多かった。
○ 保護者から学校公開のアンケートにフェスタの感想が寄せられ、フェスタが盛況に終わったことへのおほめの言葉をいただいた。また、「フェスタで体験したことを家でもやっています」という話もうかがった。
○ コーナー指導者の方を保護者・卒業生・地域・企業と幅広くお願いすることができた。「子どもたちの笑顔があふれ、とても楽しかった」とおっしゃってくださった。
○ 学校がフェスタ中心に時間割を組んでくださり、全面的に支援していただいた。また、高学年児童のお手伝いがとても助かった。
○ 子どもたちは、全学年とも自分たちでつくってきたおにぎりを昼食として持参することにしたので、食バザーの必要がなかった。保護者用に福岡市立つくし学園に依頼してパンの販売をしたが、すぐに完売した。多目的室を保護者の食事場所に開放したが席が足りなかった。
○ 協力員を追加募集したが、希望した人数が集まらず一部の保護者に負担がかかった思う。見学の保護者は多かったので、今後の参加につなげていきたい。
○ はじめての内容なので、当日までの準備が当初の予定より遅れがちになった。運営手順は詳しく引き継ぎ書をつくる必要あり。
○ 保護者お手伝い(協力員)の参加人数を確実に把握できていなかった。事前にコーナー指導者と協力員、担当フェスタ委員との打合せを増やしたい。