月別アーカイブ: 2010年12月

【講演会・研修事業】西区 内浜中学校父母教師会

企画表題:食は命…小・中・地域の皆で考えよう
担当責任者:担当副会長 森永 三貴

実施期間:
平成22年10月12日(火)…第1回 弁当の日
平成22年11月15日(月)…第2回 弁当の日
平成22年12月17日(金)…内田美智子先生 講演会
参加人数:2学年生徒258人 教員15人 中学校保護者110人 小学校保護者・地域からの参加38人 合計421人

活動内容

目的

  1. 『命の尊さ』を、学び、考える場として講演会を実施し、学校・小・中の保護者・地域で共通の意識をもち、日々の生活で各自が実践する。また、講演会を恒例化することで、意識レベルを一定に保つ。
  2. 生徒たちが、自らの力で弁当をつくることにより、『つくり手への感謝・食べ物への感謝・給食への感謝・感性の成長・人から感謝されることの喜び・つくる喜び・みんなで食べる楽しさ(団欒)・創作工夫する意欲・食欲増進・命の原点…』などを学び、感じる。

活動内容

講演会

事前準備
  1. 学校の日程と講師(内田先生)の日程調整(3月末)
  2. 4つの小学校(内浜中学校校区)のPTA役員に日程のお知らせ(6月末)
  3. 西区中学校にPTA担当副会長を通じて日程のお知らせとポスター掲示依頼(10月)
  4. 4つの小学校にポスター掲示依頼と小中学校に講演会開催プリントを全校配布(11月)
  5. 4つの小学校のPTA役員に『弁当の日』の見学と講演会の内容説明(11月)
  6. 6つの公民館(内浜中学校校区と近隣の公民館)にポスター掲示依頼(11月)
  7. 近隣企業・商店・病院・コンビニなど(100ケ所程度)にポスター掲示依頼(11月末)
  8. 養護教員の先生と当日の打合せ
  9. 元PTA役員に参加の呼びかけ
講演会

演題:『思春期を生きるあなたたちへ』
日時:平成22年12月17日 10時~12時
場所:内浜中学校
講師:内田 美智子先生

講演内容概略 〈随時スライド上映あり〉

第1部~2学年生徒と大人たちへ

ご自身の体験や世界の現状のスライドを上映し、「いかなる命にも存在そのものに価値があり、当たり前なことなど何一つない。自分の命は自分のものだが、自分だけのものではない。いまの私たちの環境は大変恵まれている。世界では自由に生きる権利を奪われている人たちもたくさんいる。自分がどんな大人になりたいかを考え、なりたい大人になれる努力をすることが、いまのあなたたちの生きる道ではないか」と語り「素敵な大人とは自立した大人のことであり、自立とは、健康を自分で守ることができ、経済的に自立し、生きがいをもち、家事ができることだ。いまの自分を見直し格好いい大人なろう」と諭す。

第2部~大人たちへ

「いずれ先立つものとして、どんなことがあってもくじけない子ども、自立した子を育てなくてはいけないが、はたしてそれができているか?」と問いかけ、いまの大学生の食生活の現状をスライドで上映し、お菓子生活が当たり前の子どもが激増している事実に警鐘をならす。すなわち、いまこそ、子どもに食の基本的知識と技術・さらに感謝の心を教えることが、いかに重要で私たちの義務かを知る。
最後に「思春期の子どもたちは、何を考えているかわからない、話もしないと、悩む人もいるが、子どもの本質は何もかわっていない。心から愛して育てた子どもだから、自信をもって接してほしい」とエールで講演を締めくくった。

西区 内浜中学校父母教師会

弁当の日(計画から実行に至るまで、全てを学校側にしていただいた)

事前準備

  1. 夏休みの自由課題(教頭先生より)として、弁当づくりの練習
  2. 『べんとう通信』と題し、弁当づくりの感想や写真を載せてプリントを配布
  3. 家庭環境や料理の腕前にあわせて、4コース選択性を採用
  4. 生徒や保護者が実行しやすい日程を設定

実施

第1回 弁当の日 10月12日 実施
第2回 弁当の日 11月15日 実施

家庭への報告

『うちはま通信』という全校配布のプリント(教頭先生より)で弁当の日の様子を掲載
PTAでは、各学年委員会だよりで当日の様子を掲載


成果と課題

~成果~

講演会

☆アンケート結果…総計115名分(保護者90名・その他25名)
その内《内田先生の講演会に参加するのが、2回目以上》は28名(24%)という結果になった。

感想(抜粋)
  • 先生の本を読み仕事を休んで参加。来た甲斐があった。
  • 地域の子育て支援をしているので、若いお母さんにも伝えていきたい。
  • 小学生のわが子にも聞かせたい。
  • 「弁当の日」は面倒だと思っていたが、考えが変わった。
  • 昨年、先生の話を聞いて以来、子どもの寝顔を毎日みている。
  • 親に頼らず家事ができるようにしつけたい。
  • 自分の母親の素すばらしさを認識した。
  • ぜひ、自分の校区でも講演してほしい。
  • また来年も参加したい。

集計者の感想

ほとんどの方が、アンケートの記入があった。2回目以上参加の人も多く、また来年も聞きたいという声が多かった。
「ありがとうございます」と書いた人が多かったのが印象的。他の校区や、地域で子育て支援している方も熱心に参加されていた。先生の言葉に勇気をいただいたかたも多かった。次回講演への期待感が伝わってきた。

生徒の感想文を読んで

先生のメッセージがしっかり伝わったことが、よく分かる感想文がばかりだった。生徒たちの純粋な魂が、大きく揺さぶられたのを感じた。みんな「自分自身のこと、家族のこと、世界中の人のこと、生まれたときのこと、これからのこと、自分がしなくてはいけないこと、なりたい自分」など、心で感じ、素直に受け止め、まじめに考えるきっかけとなったと実感した。

弁当の日

生徒の感想(抜粋)
  • とても難しかった。お母さんはすごいと思った。
  • 次はお母さんより上手にできるようにがんばる。
  • 想像以上に時間がかかった。大変だったが、楽しかった。
  • 苦労した分おいしかった。よくできたと思った。
  • 買い物から料理して、大変だとわかったが、またやりたい。
  • 自分でつくって食べたらおいしかったので、とてもうれしかった。全部1人でつくれるようにがんばりたい。
保護者のコメント
  • 流れを一緒に教えながら、楽しい時間を過ごすことができた。食育を感じた弁当づくりだった。
  • 大変美味しくできて驚いた。一生懸命つくり上げたときはとても満足そうで見ていてうれしくなった。心のこもった手づくり弁当はとてもおいしかった。
  • おじいさんおばあさんに感謝の気持ちをこめてサンドイッチをつくってくれた。はじめてのことで大変うれしかった。
  • 帰省して祖母から料理を習い、いとこも参加して弁当をつくった。楽しく弁当づくりができていい思いでができた。

課題

本校では、内田先生の講演会を3年連続で開催している。3年間とも携わったが、今回は「年1回の内田先生の講演会が、内浜校区全体に浸透し始めている」と実感した。多数の保護者や地域の方が、来年度からも継続的開催を期待してくださっていることもよくわかった。このことを踏まえ、来年度も内田先生の講演会を企画し、もっと地域との連絡を充実させ、しっかり広報活動する必要があると思う。
さらに、今年度から学校が「弁当の日」を実施してくださったことで、保護者の意識も格段にあがった。丁寧なプリントの配布や、準備段階があったことで、保護者も生徒も自然体でスムーズに取り組めたと思う。また校長先生をはじめ、先生方も一緒に弁当づくりをしてくださったことで、学校全体で盛り上がった。昨年度からの課題であった、“学校と協力して、実際に食に関わる取り組みができる機会をつくること”が達成できたと思う。今後も、学校としっかり連携していくことが必須課題と思う。

市P協 いじめ防止委員会 第2回 勉強会

第2回勉強会(平成22年10月25日)
テーマ : 「学校におけるいじめの現状と対応について」
講 師 : 福岡市教育委員会 指導部 学校指導課 課長 池田 一司 氏

まずは、福岡市におけるいじめの発生件数について。平成21年度に教育委員会に報告があったものは、小学校が10件、中学校が30件だった。ピークだった平成18年は、小学校が54件、中学校は140件(全国的にいじめが注目された年)。ここ数年は減少傾向にある。

学年別に見ると、中1、中2での発生が突出している。これは全国データでも同様である。

また、それまで全く接触がなかった子ども同士よりも、友達だった、仲が良かったなど、一定の人間関係にあった子ども同士において、問題が起きやすい傾向が見られる。

ではどのように対応していくか。福岡市では、次のような基本認識で臨んでいる。

  1. 「弱いものをいじめることは人間として絶対許されない」との強い認識を持つ。
  2. いじめられている側の立場にたった親身な指導を行う。
  3. いじめは家庭教育の在り方に大きな関わりを有していると思われるので、家庭との連携を十分に行う。
  4. 家庭・学校・地域社会などすべての関係者がそれぞれの役割を果たし、一体となって真剣に取り組む。

いじめの態様としては、以下のような種類が挙げられる。

心理的苦痛を与えるもの

  • 冷やかしやからかい、悪口や脅し文句
  • 仲間はずし、集団無視
  • PCや携帯電話での誹謗中傷 など

物理的苦痛を与えるもの

  • 金品を隠し、盗んだ
  • 金品をたかる など

暴力的苦痛をあたえるもの

  • 遊ぶふりをして叩いたり、蹴ったり
  • ひどくぶつかったり、叩いたり
  • 嫌なこと恥ずかしいこと、危険なことをさせる など

早期発見、早期解決のためには、学校・保護者・地域の連携が重要だ。

まず学校は、児童生徒の様子について、全職員で情報交換を行い、担任または一部の教師の指導ではなく、全職員が組織的に対応するよう、指導している。当該児童生徒や保護者との関係を重視して、担任、旧担任、同学年職員、部活動顧問などでチームを組織する。

一方、保護者・地域住民においては、いじめ防止対策委員会を中心にいじめの問題に関する認識を高め、いじめの早期発見や指導に取り組む。

そのように、「我が子」や「自分のクラスの子」という枠を超え、すべての大人が、すべての子どもたちを「地域の子」として見守り、積極的に関わり、情報交換や啓発活動を通じて連携していくことが大切。

市P協 いじめ防止委員会 第1回 勉強会

第1回 勉強会(平成22年9月30日)
テーマ : 「気になる子どもへの理解と支援」
講 師 : 福岡市立特別支援学校「博多高等学園」 校長 森 孝一先生

学校でのふるまいや勉強の遅れなどが気になる子どもたちは、どれくらい存在するのだろうか。統計的には、約6.3%。16人に1人といわれている。では、障がいがあるかどうかは、どこで判断されるのか。実は明確な基準があるわけではない。ボーダーは、「子ども本人が困っているかどうか」。

発達障がいには、聴く・話す・読む・書くといった学習面に特異的な困難を抱える「LD(学習障がい)」。不注意・多動性・衝動性の「ADHD」。社会性・想像力・こだわりに特徴を持つ「自閉症」などがある。いずれの障がいとも、一見して、わかりにくい障がいだ。しかし本人にとってみれば、一生懸命やっても、わからない。できない。また自分をフィードバックする力が弱いため、同じまちがいを繰り返す。そのうえ、「理解されない」という別の苦しみをも伴いがち。この理解不足が、不登校や離席、暴言といった、二次障がいの原因となってゆく。

こうした子ども達に共通しているのは、自尊感情の低下。「自分はダメな人間」「周囲に嫌われている」「将来、生きていられない」と思いこんでしまう。だからこそ、「○○先生がついているんだ」といった、心の支えが必要。

理解不足とともに、二次障がいの原因となるのが、不適切な対応や言葉だ。「どうしてちゃんとできないの!」「ぐずぐずしないで早くして!」「何回いえばわかるの!」「勉強しないとお父さんみたいになるよ!」などといった言葉が、自信喪失や疎外感を招く。

支援のコツは、

  1. 頭ごなしに叱らないこと 
  2. わかりやすく伝えること 
  3. 達成可能な目標を決めて取り組ませること(例えば、「悪口を言わない」ではなく、「死ね、キモイと言わない」など具体的な目標を設定してあげるなど) 
  4. ほめ方を工夫すること(言葉+目に見えるごほうびを用意するなど) 
  5. 気持ちをコントロールする方法を教えること

しかし、本当は誰にでも「苦手なこと」はある。「あなたは障がい者」「私は健常者」ではなく、一人一人に必要な支援があるはずだ。障がいとは、理解と支援を必要とする「個性」にすぎない。我々もまた全員、老いていき、いつかは何らかの障がいを持つことになる。

これからは、障がい者、健常者の障壁をなくした、教育のユニバーサルデザイン化をめざしたい。勉強が遅れたら丁寧に教えてくれる場。気持ちが落ち着く場。理解してくれる友達は、誰にとっても必要なのだから。

市P協 いじめ防止委員会 勉強会報告

いじめ防止委員会では、今年度も委員による勉強会を行いました。

第1回の講師は、博多高等学園の森孝一校長先生です。特別な支援を必要とする子どもへの差別発言やいじめ問題がまだまだ後を絶たないなか、発達障害のある子どもたちへの理解を深めるための基礎知識を学びました。

第2回は、福岡市学校指導課長の池田一司氏をお招きし、福岡市の小・中学校におけるいじめの現状について学習。意見交換を行いました。

昨今また、いじめが原因とみられる悲痛な事件が相次いでいます。
いつ自分の学校や子どものまわりで起きてもおかしくない、いや、もうすでに悩んでいる子どもが身近にいるかもしれない、という認識で、継続的にこの問題について考え、連携しあっていくことが、大人全員に求められているのではないでしょうか。

以下で各勉強会の要点を報告させていただきます。ご家庭での指導や、PTAでの活動の参考になれば幸いです。

いじめ防止委員会 委員長 茂島 信一

【博多区小学校PTA連合会】吉塚小学校父母教師会 ~ 吉塚小学校外周ブロック塀塗装事業 ~

吉塚小学校PTAでは,昨年度より3回にわたり学校外周のブロック塀塗装作業を行ってきました。

この事業は、本校創立80周年の記念事業としても位置付けて、2年間にわたって実施してきたものです。

吉塚小学校外周ブロック塀塗装事業

第1回は2月20・21日,厳冬の時期に,吉塚2000年通り沿いの西面のブロック塀より作業をスタートしました。第2回目は7月10日,19日,酷暑の時期に学校南面のブロック塀の塗装作業を行いました。

そして今回,仕上げとして,10月23日に学校東・北面のブロック塀塗装作業を行いました。

吉塚小学校外周ブロック塀塗装事業

吉塚小学校外周ブロック塀塗装事業

吉塚小学校外周ブロック塀塗装事業

古びて汚れていた学校外周のブロック塀が今回の作業を通して明るく,美しくリニューアルされました。

今回の事業実施にあたっては,校区の景観改善という主旨を理解いただいて自治協議会からも応援をいただきました。また,吉塚小サポート会(おやじの会)を始めとする校区の諸団体からも人的支援をいただきました。

「学校周辺の環境を整えることにより,子どもたちが環境を意識し,心身共に豊かに育ってほしい。」そのような願いで今回の事業を行ってきました。

吉塚小学校外周ブロック塀塗装事業

今日も,きれいになったブロック塀に,吉塚っ子の元気で明るい「おはようございます!!」の声が響いています。

【講演会・研修事業】西区 北小学校保護者教職員会

企画表題:郷土料理講習会と地域交流
担当責任者:姪北小学校保護者教職員会
担当副会長: 京徳 麻紀子
実施期間:平成22年12月14日(火) 10:00 ~ 13:00

参加人数:保護者29名 講師1名 講師補助2名 先生 4名 地域の方6名

活動内容

目的

子どもたちが健やかに心豊かに成長する基となる食の大切さを知る。
郷土ゆかりの料理を実習し、家庭で役立てる。
開校4年目にあたる本年度5月に、姪北公民館が姪北校区として誕生・設立した。
地域コミュニティーを通し学校・PTA・校区のさらなる和を深めていきたい。

活動内容

地域の方々を講師にお迎えし、栄養教諭の先生に協力していただき、料理実習を行った。
(講師は校区在住の堤民子様。講師補助は地域の方。)

事前準備

①講師・栄養教諭との打ち合わせ。
②参加者募集のお知らせ配布。参加呼びかけ。地域への案内郵送。
③食材・調味料等の買い物、準備等。

当日の流れ

①PTA会長あいさつ
②校長あいさつ
③講師紹介
④調理・献立の説明(講師・栄養教諭から)
⑤実習(師範台で実技指導して頂きながら)

※メニュー
博多雑煮・がめ煮(筑前煮)

西区 北小学校保護者教職員会

⑥地域の方紹介
⑦試食と交流
⑧講師へのお礼の言葉

講習会後の活動

・反省会
・「姪北小学校PTA料理講習会レシピ集」を作成し、全世帯に配布。


成果と課題

講習会参加者のアンケートより

地域の方

・地域・公民館とPTAとの交流はあまり多くはないなか、こういう場をつくっていただき感謝している。
・初めて博多雑煮を食べた方もいらっしゃったと思うが、とても上手にできていた。また、お母さん方ともたくさん会えて話ができよかった。
・郷土料理は1つの文化だと思う。大人が子どもへ伝えていくことが重要だと思う。

保護者

・おいしくできあがっていたので、家庭で1人でチャレンジしてみたい。
・博多雑煮を食べてみて、とてもおいしかった。つくり方も意外と簡単だったのでお正月には挑戦してみたいと思う。
・関東出身なので福岡の郷土料理を教えてもらえて楽しかった。
・筑前煮は初めてつくった。家でもぜひつくって子どもに食べさせたい。
・お料理を通じて地域の方とわきあいあいと交流ができ、とてもよかった。
・地域の方と普段交流する機会がなかったので、いろいろと話せてよかった。

反省

・今回は保護者の募集を30名としたが、もっと募集人数を増やせばよかった。