月別アーカイブ: 2011年2月

【ふれあい体験事業】城南区鳥飼小学校父母教師会

企画表題 :ピカピカトイレできもちよく!
担当責任者 :担当副会長 原 さと子
実施期間 :平成22年6月30日・10月20日・11月17日・平成23年2月24日
参加人数 :延べ、児童85名・保護者218名・教職員10名

活動内容

目的

  • トイレが清潔で気持ちよく利用できるようにピカピカにする。
  • 活動をとおして、保護者・児童・教師の三者間の交流をはかりたい。
  • トイレの使い方やマナーをきちんと児童に伝え、過程においても共通意識をもち、親子での会話のなかでもトイレのマナーなどをきちんと教えてほしい。

活動内容

年に3回、学期ごとに校内美化作業を行い、その際にトイレは臭い・汚いというイメージがなくなるよう、トイレを重点的にピカピカにする。(6月・10月・2月に実施)    
        
城南区鳥飼小学校父母教師会

PTA保健委員会が中心となり、児童にトイレ掃除の指導をした。

城南区鳥飼小学校父母教師会

保健委員会児童により、トイレマナーのポスターやトイレの掲示物も工夫してもらう。

城南区鳥飼小学校父母教師会

成果と課題

日頃なかなか取れない尿石まで取れて、トイレがピカピカになった。
トイレの悪臭も減って、我慢せずに利用するようになったようだ。
今後も不定期でも実施していきたい。子どもにトイレ掃除を指導する事ができて、トイレの使い方や掃除についての会話も増えた。
今後の課題としては全児童にトイレの使い方についての意識を向上させ、きれいなトイレを維持し、気持ちのよい学校生活が送れるようにしていきたい。

ごあいさつ

会員の皆様には、福岡市PTA協議会の取り組みに対しまして、深いご理解とご支援を賜りまして誠にありがとうございます。

さて、家庭や地域の教育力の低下とともに、ゲーム機器やパソコン、携帯電話などが普及するなか、子どもたちを取り巻く環境は、ますます悪化してきています。

また、「学力が低下している」「基本的な生活習慣が身についていない」「集団生活におけるルールやマナーが守れない」など、その成長に不安をもっている大人も多く、子ども自身もさまざまな問題を抱えています。

そのような状況のなか、福岡市PTA協議会では、家庭の教育力向上を図るための支援事業を平成15年に立ち上げ、継続事業としてこれまで展開してまいりました。平成19年から始まりました福岡市教育委員会委託事業も含め、今年度は50団体に支援をさせていただきました。

ここに、平成22年度の取り組みを実践事例集としてまとめ、皆様の今後のPTA活動の参考にしていただき、充実した活動となりますことを願っております。

また、昨年度より実施しております実践報告会も開催し、参考となる報告も聞くことができましたので、さらなる活動の拡がりを期待しております。

最後になりますが、本事業の推進にあたり、ご支援賜りました福岡市教育委員会ならびにご協力いただきました関係各位の皆様方に心から御礼申し上げますとともに、今後の更なるご発展をお祈り申し上げます。

福岡市PTA協議会 会長 疋田 敏明

平成22年度 PTA指導者研修

日 時 : 平成22年12月16日(木) ~ 18日(土)
場 所 : 秋田市

今年度の指導者研修は、秋田市を訪問し、視察や情報交換を行ってきました。

秋田魁新報社訪問では、紙面に中学校2・3年生を対象としたテストを掲載していることや、NIEの一環として、生徒に文章を書いてもらい、記者といっしょに新聞をつくる活動にも取り組んでいることなどのお話しをお聞きしました。

また、学校(PTA)に紙面を1ページ割りあてて学校(PTA)紹介をしており、購読していなくてもその地域の人に読んでもらえる配慮もしていることをお話いただきました。

「新聞を読むことで得られる知識は、インターネット等で得られるものと違い、生活に密着した知識であり、それは新聞にしかできません」とのお話でした。

PTA指導者研修

秋田県PTA連合会 ・ 秋田市PTA連合会との情報交換会では、秋田県での学習における主な取り組みなどについて、秋田県教育委員会よりご説明いただきました。

全国学力・学習状況調査における秋田県の状況について、平均正答率が全国平均を上回る項目が多いだけでなく、国語、算数・数学すべての問題での無解答率が、全国平均以下であると言われ、学習に対する子どもたちの前向きな姿勢が伝わってきました。

秋田県では通塾率が低いこともあり、家庭学習の習慣が定着していることも要因の1つと考えられるようですが、家庭・学校・地域に子どもたちの健全育成という共通認識があるため、さまざまな取り組みを行う上で非常に協力を得られやすい環境にあることは大きな要因ではないかと感じました。

PTA指導者研修

秋田市立築山小学校では、テーマを食育に設定し、いろいろな教科を他の教科や食と結びつけて授業を行い、学習した知識を実践することで授業が活性化しているとのことでした。

また、子どもたちには自分の考えたことを説明できる力を身につけてほしいと話され、説明上手になるために子どもたちが人の話をしっかり聞くようになるそうです。

PTA指導者研修

さらに、食習慣から生活習慣、学習習慣の改善を目指して、学校・保護者・児童それぞれが自己評価を行い、評価した情報をもとに児童1人ずつにカルテを作成し、そこから見えてきた課題を学校・保護者・児童で共通認識するという取り組みを行うことで、学力向上にもつながっているのでは?というお話もお聞きすることができました。

PTA指導者研修

生活習慣や家庭学習の定着など、家庭における役割の重要性を改めて感じた研修会でした。

平成22年度 各種表彰合同祝賀会

日 時 : 平成23年2月1日(火)18:30~21:00
場 所 : ソラリア西鉄ホテル 8F 彩雲

ご来賓の方々や多数関係者が出席されるなか、平成22年度 各種表彰受賞合同祝賀会が開催されました。

受賞された方は下記のとおりです。

個人の部

日本PTA全国協議会会長表彰

九州ブロックPTA協議会会長表彰

福岡市PTA協議会 前副会長 藤本 彰穂
福岡市PTA協議会 前副会長 一井 貴子

九州ブロックPTA協議会会長感謝状

福岡市PTA協議会 前副会長 藤本 彰穂
福岡市PTA協議会 前事務局員 柴田 美樹

たのしい子育て全国キャンペーン・三行詩コンクール

「早寝早起き朝ごはん」全国協議会会長賞
福岡市立今宿小学校PTA 笠 ゆかり

平成22年度 各種表彰合同祝賀会


団体の部

文部科学大臣表彰

福岡市立脇山小学校父母教師会

福岡市教育委員会表彰

福岡市立玉川小学校父母教師会
福岡市立平尾中学校PTA

日本PTA全国協議会会長表彰

福岡市立原小学校父母教師会
福岡市立有住小学校父母教師会

九州ブロックPTA協議会会長表彰

福岡市立東箱崎小学校PTA
福岡市立美和台小学校PTA

日本PTA全国協議会広報紙コンクール 日本教育新聞社社長表彰

福岡市立城南小学校父母教師会

平成22年度 各種表彰合同祝賀会

受賞されたみなさま、おめでとうございます。

佐賀県 多久市立西渓中学校 視察

日 時 : 平成23年1月17日(月)9:15 ~ 12:30 
場 所 : 多久市立西渓中学校

『学び合い』の授業を実践しておられる、佐賀県 多久市立西渓中学校を視察させていただきました。

西渓中学校では、生徒の学力向上と人間関係の向上を目指して、生徒同士で分からないところなどを教えあう 『 学び合い 』 を、今年度より全教科において実践されています。

西渓中学校で行われている 『 学び合い 』 の授業は、まず授業のはじめに、先生がその時間の課題を投げかけ、各自で課題に取り組んだあと、分かった生徒は分からなかった生徒に教えるという時間を設け、全員が理解できるようにしているそうです。

佐賀県 多久市立西渓中学校 視察

この 『学び合い』の授業では「先生は生徒たちの様子を観察し、生徒同士、人と人とをつなげる役目がある」と話され「場合によっては面談を行い、習熟度を確認しながら取り組んでいる。人に教えることで学力向上につながる。生徒たちの可能性を信じていればどこまでも伸びると思います」とのお話でした。

佐賀県 多久市立西渓中学校 視察