月別アーカイブ: 2012年6月

新任会長挨拶

平成二十四年度福岡市PTA協議会定期総会におきまして、会長を仰せつかりました「日髙政治」です。

平素より、皆様方には子ども達の健全育成の為に、ご協力を頂きまして、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。

福岡市PTA協議会では、今年の活動目標を「とりもどそう、家庭の力」~見なおそう 家庭の中で できること~と、いたしました。

家庭教育は、全ての教育の出発点であり、子どもが基本的な生活習慣を身に付ける為の、重要な役割を担っております。その上で、学校・家庭・地域との連携を密にしながら、社会全体で家庭教育を支援し、学校教育の充実に寄与することを、目指したいと考えます。

先の東日本大震災でもこの三者連携の重要性が訴えられました。学校が避難所となり、学校単位での自治組織運営が余儀なくされました。さまざまな問題が生じました時に学校の内情に詳しいPTAの方々が中心となり、避難所運営にご尽力されたようです。その中でも日頃から地域と学校の良好な関係が関係が築けている校区では、非常に雰囲気の良い避難所運営が進んだとお聞きしました。今後はますます、PTAが核となり、学校や地域の方々を結ぶ架け橋として、その役割は重要性を帯びてくると思われます。勿論、それぞれの学校では、歴史・文化・風土が異なります。その地域の実体に応じた方法でより良いコミュニティーのあり方を見つけて頂ければ幸いです。

地域とともにある学校を目指し、今後の皆様のご活躍に期待いたします。

日髙政治

福岡市PTA協議会 会長 日髙政治

退任挨拶

「お世話になりました」

第一七代会長 疋田敏明

第一七代会長 疋田敏明

理事から十一年間、福岡市PTA協議会に籍を置きPTA活動を続けてこれましたのも、歴代会長の皆様や事務局長の皆様、役員の皆様の心温まるご指導とご助言の賜物と感謝申し上げます。また、11万を越える会員の皆様のご理解とご協力に対し厚く御礼申し上げます。

退任を迎え、皆さんと共に活動できた年月が大変懐かしく思い出されます。
特に、第50回九州ブロックPTA研究大会福岡市大会では大会実行委員長を拝命し、多くの会員の皆様のご協力のもと、無事に終えることができ感慨もひとしおでございます。

子どもを取り巻く環境は著しく変化し、親にとっては育てにくさ、子にとっては育ちにくさといわれる時代ですが、会員の皆様のご協力を得て、今こそ活力溢れる福岡市PTA協議会の力を発揮して欲しいと臨まれていると感じております。

福岡市PTA協議会の益々の発展と、地上の星、愛してやまない子どもたちが、その活動に支えられ、健全な成長を遂げますことを祈念申し上げ、御礼といたします。