月別アーカイブ: 2013年6月

楽しく学ぼう 食育!「ペットボトルピザづくり」

愛宕小学校父母教師会

実施日
平成25年6月29日(土)
場所
愛宕小学校 体育館・中庭
対象・参加人数
本校児童・保護者116名

楽しく学ぼう 食育! ペットボトルピザ作り 楽しく学ぼう 食育! ペットボトルピザ作り

目的

  1. 親子や子ども同士,保護者同士で交流を深めながら,ピザの生地作りから焼き上げまでを手作りし,みんなで食べることにより,楽しく食育について学ぶ。
  2. ピザのトッピングには地元の食材を使用し,地元の食材への関心,知識を高め,郷土の理解につなげる。

島根県益田市より「ネイチャーキッズ寺子屋」の代表である伊藤修二氏と大畑伸幸氏(他2名)をお招きし,ペットボトルにピザ生地の材料を入れダンスしながら発酵させ,ダンボールで作成したオーブンにて,ピザを焼き上げる。

事前準備

  • 講師との事前打ち合わせ
  • 案内文の作成・配布後,参加者へ案内配布
  • 会場設営に必要な備品確認
  • アンケートの作成
  • 食材購入

当日

  • 食材準備(一家庭分ずつ配分)
  • 受付
  • 後片付け

この活動を行って

ペットボトルを振りながらダンスをすることによってピザ生地を発酵させるので,子どもも大人も楽しく体を動かすことができた。子ども達は低学年から高学年まで体育館のステージに上がって,楽しそうに踊っていた。
発酵後の生地はペットボトルのキャップを開くと同時に噴射するように出てきて,参加者全員が笑顔になり,大変心に残る素晴らしい体験ができた。
ダンボールで作ったオーブンで焼き上げたピザはみんな同じ材料で作ったが,どのピザも見た目も味も違うものになり,近くの人とピザを交換したり,みんなで分けあって食べたりすることで,食に対する感謝の気持ちを深めることができた。
今回の活動を通して,親子で食育に関して楽しく学ぶ機会は今後も継続的に必要で,大切であると再認識することができた。

成果

子どもも大人も楽しめる参加型の食育エンターテイメントは大好評で,子どもの学年,保護者間のつながりは関係なく,全ての参加者が食育について楽しく学び,一緒に体験することで交流を深められたのではないかと思う。
活動内容については,広報紙や運営委員会だよりに掲載し,多くの保護者に知っていただくことにより,今後のPTA活動への参加,協力を得られるようにしていきたい。

課題

  • 参加者に当日の活動内容がわかるような書面を掲示できればよかった。
  • ペットボトルピザを家庭で作る際に必要なレシピを参加者に配布できればよかった。

当日実施のアンケートより

  • 何か楽しそうだけどペットボトルピザとは?と考えてこの日を待ちました。子どもが恥ずかしそうにダンスしていましたが,途中から本当に楽しそうに踊っていたので,嬉しかったです。ピザのシェアへの考え方へも興味深く考えさせられました。
  • ペットボトル一つでピザ生地を作れて,友達みんなと仲良く楽しく食べることができたので、良かったです。難しい作り方なのかな?と思ったけど,先生方の教え方が楽しかったので,簡単に出来ました。
  • 初めは本当にできるのかと不安でしたが,踊ったり,お腹に入れて生地を発酵させるために遊んだりして、少し疑ってみましたが,ペットボトルからピザの生地がロケットのように出てきて,ビックリしました。
  • 夏にキャンプに行くので,活用できるのではないかと思って参加しました。楽しいニャー先生のダンスタイムと大畑先生のレクチャーで,あっという間においしいピザが出来ました。
  • ピザを作る過程も楽しかったですが,お友達と食べ物をシェアすることをとても楽しんでいたので,参加して改めて良かったと思いました。勉強にもなったので,キャンプでやってみたいと思います。
  • 同じ材料なのに一つ一つ味が違って,子どもも楽しんでいました。

終始,笑い声の絶えない楽しい雰囲気の中での活動だった。参加者全員が大変協力的だったこともあり,後片付けもスムーズに行うことができた。活動の最後に,講師の「ネイチャーキッズ寺子屋」の先生方を見送る子ども達は笑顔と大歓声で,講師の方々にも大変喜んで帰っていただいた。

特別支援学校PTA連合会 レクリエーション大会

平成25年6月22日 南市民体育館

市内8校の特別支援学校の生徒、先生、保護者が集まり、レクリエーション大会が開催されました。

特別支援学校PTA連合会 レクリエーション大会

開会式では、特別支援学校PTA連合会 佐伯拓史会長、福岡市PTA協議会 日高政治会長、発達教育センター 森孝一所長よりごあいさつがありました。

その後、「竹下太鼓」の勇壮な演奏と南福岡特別支援学校の校区の方々の協力による「おともだちバンド」の楽しい歌と演奏が披露されました。

レクリエーションの「大玉ころがし」では、会場のみんなが笑顔いっぱいになり、楽しい交流の時間となりました。

命を見つめて~素敵な大人へいまできること~

福岡市立 平尾中学校父母教師会

講師
助産婦 思春期保健相談士 内田美智子先生
実施日
平成25年6月21日
場所
福岡市立平尾中学校体育館
対象・参加人数
3年生徒・教職員・保護者362名

命を見つめて ~素敵な大人へいまできること~ 命を見つめて ~素敵な大人へいまできること~

この活動を行って

子どもたちは「生んでくれてありがとう」保護者は「生まれてきてくれてありがとう」という気持ちを再確認できたように思います。

今年で義務教育を終える子どもたちへ

性感染症や妊娠について考えるお話をいただき自分の存在の尊さを認識させ、また、保護者には思春期の子どもたちをどのように支え、自立の援助をしていくかを考えていただき、親子で心や体の不安や悩みなどを話す場を持っていただく事を目的としています。

講演会を聞いた感想

*保護者の反応

  • 反抗期真っただ中の娘。今日から少しやさしくなれそうです。
  • 子どもが大人になるために、見守りながら必要な時にアドバイスをしてあげられる親になるよう、これから私も成長していきたいと思いました。
  • 夢が見つからない子ども達が増える日々で子ども達に夢を持つ事や自分を大切にする事のきっかけになったと思いました。
  • 他学年の子はどうして聞かせてもらえないのか残念です。
  • 中2の息子にも見せたいと思いました。
  • 「選択できる自由があること」=「感謝」わかっているつもりでしたが、内田先生に言ってもらうとスッと心に入ってきました。
  • 「行動を変えなければ人生変わらない」親である私にもひびきました。
  • 「過去と周囲の人は変えられないが、自分を変えることは出来る」という考え方に同感です。

*生徒の感想

  • 中学生は大人でもなく子どもでもなくすごく難しく感じるときがたまにある。でも、内田先生のお話は「大人になるために・・・。」で自分も大人になるための準備をしなくちゃいけないんだと思った。「他の人、自分じゃない人のために時間を使っていますか?」という質問を受けて考えた。そしたらなかった。少しも出てこなかった。自分でもびっくりした。次に父と母で考えるとたくさんあった。仕事、家事の他にもたくさんあった。私たちを怒っている時間さえ、その時間だった。内田先生の話を聞けた3年間はとても大きかったと思う。
  • 先生の話を聞いて、今まではほとんどしていなかった手伝いをしてみようと思いました。スアドがここにいたら「自分で何でも選べていいね」と聞かれたとき、「いいでしょ~と言える?」と言われたとき、正直まよいました。だからこれからは「いいでしょ~。」と言えるように、今学校に行けること、自分の人生があることを感謝して生きていきます。それと人生けずって朝早くから起きてくれているお母さんにありがとうの気持ちをもってやっていきます。ありがとうございました。

親子で学ぶスマートフォン・SNS時代のコミュニケーション

福岡市立席田小学校PTA

実施日
平成25年6月15日(土)
場所
席田小学校  体育館
対象・参加人数
5・6年児童 127名
保護者     50名

スマホ・SNS時代のコミュニケーション

この活動を行って

参加者からは、「このような機会があれば、もっと詳しく話をききたい。」という声が多く、スマホやSNSを利用しているが、危険性についてはあまり把握できていないという現状がうかがえた。

インターネット・スマホ・SNSは大変便利で利用せざるを得ない時代である。「子どもが安全にメディアを利用できる環境を整えるのは、親の責任である。」という意識をもつことの大切さを実感できた。

講演後、家庭での話し合いのきっかけとなるように、全家庭に『考えよう!我が家のスマホ・携帯のルール』というラミネート加工のファイルを配布した。

目的

現在、スマートフォンやインターネットが小学生の間にも急速に普及している。

高学年になると、習い事などの関係で、スマートフォン・携帯を持つ児童が増えてくるので、それらを使用する上での基本的なマナーやトラブル対策、そして上手な付き合い方を学ぶことが重要である。

また、親としても、子どもたちがスマートフォンやインターネットと関わる上で起こり得る、様々なトラブルから子どもたちを守る方法やその対処法を知り、トラブルを未然に防ぐ必要がある。

そこで、「親の責任のもとに、子どもたちがメディアを使用する環境を整え、子どもたち自身も基本的なマナーや危険性を知り、メディアと上手に付き合っていけるよう、節度を持った判断力を養いたい。」という目的で、オフィスラバーリングの置鮎正則先生を講師にむかえ、5・6年生対象と保護者対象の2回に分けて、それぞれに応じた内容で講演していただいた。

成果・課題

講演終了後のアンケートによると、子どもたちが主に利用しているのは、ラインのゲームや友達とのメールのやり取りが中心のようであった。

子どもたちからは、「ゲームやメールは楽しいけど、写真や住所などの個人情報が広がったり、高額請求があったり、怖いところもあるので気を付けたい。」「悪口を書かれる人の気持ちを考える。」という感想があった。

また、保護者からは、「自分は、スマホを使わないから知らなくてもいいと思っていたが、まずは親が知識を持ち、手本となる必要がある。」「子どもとコミュニケーションを取り、情報を共有し、インターネット等を有意義に使いたい。」という感想が多かった。

講演会後、親子でメディアを利用する時間を決めたり、万一トラブルがあった時の対処法を話し合ったりした家庭もあった。今後、ますますメディアは進歩すると思われるので、親子でコミュニケーションをとりながら、正しい知識と活用法を学んでいく必要があり、こうした知識を広げる機会を増やしていくことが必要だと思われる。

「いじめ防止・撲滅」学習プロレス

長尾小学校

実施日
平成25年 6月 4日
場所
長尾小学校体育館
対象・参加人数
児童来賓保護者延べ290人

いじめ撲滅学習プロレス

活動内容

日頃から身体を鍛えているプロレスラーの方々をお呼びして学習プロレスを行った。反則するレスラーが加害者、親や教師をレフェリーに置き換え、いじめの状況をなぞらえ、子どもたちにいじめと向き合う心を持つよう訴えた。

〈第一部〉プロレス体験教室・・・リング上で先生方が体験する
〈第二部〉プロのレスラーによる60分タッグマッチを行う

この活動を行って

「2対1で攻撃するのは卑怯だ」
「見てないところで攻撃するのはいけない」
「現実に人を叩いたり、蹴ったりしたら赤くなって痛そうだった」
「友達にあんなことできない」
など子どもたちからの感想があがった。

目的

  • 生身の人間が、ゲームのキャラクターのような闘いをするということがどういうことなのか。生身の人間が感じる痛みを子どもたちに想像させる機会を提供し、他人への思いやりを育むきっかけを作る。
  • 子どもたちをいじめの被害者にも加害者にもさせない。
  • 弱い者いじめやルール違反が、いかにかっこ悪いかを試合を通じて子どもたちに伝える。

成果・課題

  • プロレスを通じて、「人の痛みを理解すること」「暴力では何も解決しないということ」「命の尊さ」「ルール違反をしている人には誰にも見方がいなくなる」など、大切なことを学ぶ良い機会となった。
  • 子どもたちの心に「いじめはいけないこと」「人は傷つき、痛みを感じるのだ」という意識が芽生えた。