月別アーカイブ: 2013年10月

学校・家庭・地域でのメディア・リテラシー

福岡市平尾小学校PTA

実施日
平成25年10月31日(水)
場所
平尾小体育館
対象・参加人数
353人

学校・家庭でのメディアリ テラシーの取り組み 学校・家庭でのメディアリ テラシーの取り組み

活動内容

弊校においても年々活字離れが進む一方で,子どものメディア接触の時間が増加傾向にあります。特にメディアに関して誤った使い方をすれば事件に巻き込まれたり,人を傷つけてしまうのではないかという危機感を持っています。そこで,私たち平尾小学校PTAでは,『児童と保護者で学ぶメディア』の活動を進めながら,メディアと正しく向き合わせよう!』をテーマに掲げ,8月には児童とその家族で一緒に考えるノーメディア標語の募集や児童と保護者で共に学ぶノーメディア講演会を2回行いました。講演会で携帯電話でのメールやスマートフォンでのアプリLINEのトラブルの具体的なお話を聞き,携帯電話の使用についての家庭でのルールの必要性を強く保護者は感じていました。また,児童がメディアについての利点や問題点を正しく理解することでメディアと正しく向き合い,ルールを決めて活用することで情報を読み解き活用する力、メディアを適切に活用できる力即ちメディアリテラシーを身につけた児童とする取り組みをおこなっていくことを今後も継続して取り組んでいかなければならないことを感じ,毎月23日の「福岡市子どもと本の日」を活用していくことにしました。

取り組んだ活動

  • 4月今年度の取組の計画・立案
  • 8月児童とその家族にノーメディア標語の募集
  • 9月ノーメデイア標語の最優秀賞・優秀賞選出
  • 10月ノーメディア講演会 児童3,4年生 全保護者対象
    「メディアと正しく向き合うには!」」
  • 11月ノーメデイア標語の表彰式
  • 11月ノーメディア標語の優秀賞をのぼり旗にして飾る。
  • 11月ノーメディア講演会 児童6年生保護者対象

講演会の保護者の感想

良くも悪くもクリックひとつで世界観が変わる。アクセスする事は,自分の情報も発信して
いるという事を忘れないようにしないといけないと改めて思い子どもにも「危険だ!!」という事をくり返し伝えていかなければいけないと思いました。

スマートホンが出てからインターネットの存在が今まで以上に身近なものになり,親も慣れすぎて危機感が薄れているのかもしれません。親も子も危機感を持ちつつ上手にインターネットを利用していきたいと思いました。

成果・課題

メディアの著しい普及に伴い,インターネットやゲームなど身近に手にする機会が児童も保護者も多くなってきています。しかし,その裏に隠れている危険性についてあまり考えたことが講演会を聴くまではなかったようです。講演を聴いてルールやセキュリティについて多くの方が考えられていました。

メディアについて懇談会などで話題に取り上げ,各家庭でどのようにルールや決まりをきめているか話し合っていきたい。

花に気持ちを添えて

福岡市立東住吉小学校PTA

活動の紹介

実施日
平成25年10月30日
場 所
東住吉小学校
対象・参加人数
児童(60名)

花に気持ちを添えて 花に気持ちを添えて

活動内容

目的

  • 花を贈る相手をイメージしながら自由にアレンジして、ひとつの作品をつくりあげる。
  • 花の色の意味や特徴を学習して、子ども一人ひとりの感性を引き出す。
  • 作品を展示して作品観賞会を行い、感想をもらう事で作った喜びを味わう。
  • 作品に込めた思いを贈る相手に伝え、  受け取った人と感動を分かち合う。

内容

  • 総合的な学習の時間を利用し、5、6年生を対象にフラワーアレンジメントの講師を招き、指導をして頂いた。
  • 花の色の意味や効果を学習した。
  • 花を大切に扱い、贈る人の事を考え自分らしく自由に作成し、観賞用のカードに工夫点を記入して展示した。
  • 自分で作成したメッセージカードを添えて持ち帰り、贈りたい人に渡した。
  • 花器は、給食時の牛乳パックを利用。

この活動を行って

  • 花や緑には、色々な効果がありその色にも意味がある事を学習し、それらを生かして、贈る人の事を考えながら花をアレンジした事は、子どもたちにとって人を思いやる気持ちが育つ為の効果的な時間だったと思われる。
  • 60個の作品を一斉に展示する事により、一人ひとりの個性が作品に出ているのがよくわかり素晴らしかった。
  • 子どもたちの工夫した点も添えることにより閲覧者の目を引き効果的だった。
  • 贈られた人は、花と一緒にその花に気持ちが込められている事が伝わり感動していた。
  • 子どもたちから「家庭でもまたフラワーアレンジメントを作って贈りたい」という声が聞こえた。

成果・課題

  • フラワーアレンジの活動を通して一人ひとり違う形で子どもたちの隠れた感性が、育てられた。
  • フラワーアレンジメントで贈る人に気持ちを伝えることの喜びを体験して、家庭でも花を通して会話を楽しみながら感謝や優しさを感じ親子の絆を深めることができたと思われる。
  • 子どもたちに自由に制作させる事、作品展示を見に来てもらうこと、サプライズで贈る事を同時に進行できるか不安があったが無事に終える事ができてよかった。

フラワープロジェクト~土とふれあい花と心を育てよう~

西長住小学校 PTA役員会

実施日
H25年 5月24日(金)
H25年 9月26日(木)
H25年10月27日(日)
H26年 3月14日(金)
場所
西長住小学校
対象・参加人数
生徒・教師・保護者 164人

フラワープロジェクト ~土とふれあい・花と心を育てよう~ フラワープロジェクト ~土とふれあい・花と心を育てよう~

目的

  • 学校を花でいっぱいにして、温かく明るい雰囲気を作り、児童と保護者に学校への愛着をもってもらう
  • 親子で花植えをすることにより、児童だけでなく保護者にも学校の美化活動に関心をもってもらう
  • 花ボランティア活動との連携を通じ、親子で一緒に花を育てることで、心を豊かに育み、共通の話題をもち、家庭でのコミュニケーションを増やす

活動内容

  • 全児童・保護者に校内美化活動と花植えの案内プリントを配布
  • 講師を迎え、花苗の植えつけ方や苗選びをご指導いただき、1年間を通じて花でいっぱいの学校となるようにする

この活動を行って

  • 久しぶりに土にさわりました。
  • 草を抜いて、かわいい花を植えた花壇・プランターを見ると、とても嬉しくなりました。
  • 自宅にも花を植えたいなと思いました。
  • お花に癒されました。
  • 講師の先生からアドバイスを聞けて、とても参考になりました。
  • 活動しながら、他のお母さん方と話す機会もあったのでよかったと思います。

成果・課題

  • 生徒、保護者、先生、地域の参加者が一緒に活動したことで、学校が花でいっぱいになり、達成感が生まれた
  •  

  • 親子で一緒に花植えすることによって、学校全体の美化活動に関心をもってもらえるようになった
  • 花で学校が美化されたことにより、家庭において親子の会話が生まれ、コミュニケーションをとるきっかけとなった