月別アーカイブ: 2014年11月

親子・地域ふれあい味噌作り体験

「味噌作り体験」を通して、親子・地域・教職員の方々との交流を深めると共に、みそ汁を飲む習慣が減っている昨今、改めて「味噌」に興味を持ってもらいたい。
また、出来上がった味噌を通して、各家庭でコミュニケーションを図ってもらいたい。

実施校名(単位PTA名)南片江小学校
実施日平成26年11月30日
場所南片江小学校 体育館
対象・参加人数児童104名 保護者76名
地域の方9名 教職員10名 計199名

活動内容

1.お手伝いに来てくださった地域の方々にご挨拶
2.味噌作り講師の紹介
3.講師のお話「みそができるまで」について
4.体験開始
①麹と塩を混ぜる
②大豆をつぶす
③大豆と①を混ぜる
④1つ1つ団子のように丸める
⑤樽に丸めた味噌を押し詰めていく
5.講師・地域の方々へお礼を伝える

味噌は一旦、味噌屋さんに持って帰ってもらい、2ヵ月後に、出来上がった味噌を配布する。
その際に、日頃よりお世話になっている地域の方々にも配る。

この活動を行って

  • 近頃は珍しくなってきた味噌作り体験が出来るという事や、「手作りの味噌は美味しいらしい!」という情報もあり、楽しみに来てくれる家庭が多かった。
  • 大豆を機械で潰したり、味見をしたりと、初めての事に、子どもたちはとても楽しそうだった。
  • 地域の方々、講師の方にご指導いただく事によって、改めて地域の方々の有難さを再認識する機会になったと思う。
  • 味噌の歴史、味噌汁の大切さを教えていただいたり、味噌が出来るまでの工程を説明していただいたりしたのも良かった。また、3年生の授業で習う“大豆”からできるものの1つとして、実践に結びつけられたのも非常に良かったと思う。
  • 教職員の方々も進んで参加してくださって、子どもたちも日頃とは違う先生の様子に触れることが出来て、喜んでいたように思う。
  • 親子での参加、また父親の参加も多く、親子の良い思い出づくりになったのではないかと思う。また後片付け等、父親を始め、皆さんが進んで協力してくださり、とても温かい行事になったと思う。

成果・課題

今回は家庭ではなかなか出来ない貴重な体験をする事が出来て良かったと思う。そして、親子・地域・教職員の方々とのコミュニケーションを図る良い機会にもなったと思う。また、味噌汁、ひいては、“食の大切さ”を改めて見直す良い機会にもなったと思う。

課題としては、机と机の間隔が少し手狭だったのと、受付に時間が掛かりすぎたので、場所の配置と受付方法を改善していく必要があると感じた。
2月に出来上がった味噌を配布する予定にしている。この手作り味噌を使って、各家庭でコミュニケーションを図ってもらいたいと思っている。

理事会だより11月号が発行されました。

理事会だより11月号が発行されました。

冬の季節になり、充実の2学期もあとわずかとなりました。季節の変わり目、体調に注意しましょう。


福岡市PTA協議会11月の役員会・理事会の報告

  1. 役員会、各連合会の活動報告
  2. 各委員会より
  3. 各校長会より
  4. 理事会協議事項

理事会だより 11月号 (平成26年11月14日発行)

親子でがめ煮作り

親子でがめ煮作り

自分たちが住んでいる福岡の郷土料理を作ることにより、食への関心を深める。また、親子で取り組むことで親と子のコミュニケーションを深め、感謝の気持ちを育む。

実施校名(単位PTA名)飯原小学校
場所飯原小学校 家庭科室
対象・参加人数児童71名 保護者68名

親子でがめ煮作り

活動内容

11月の学校公開週間の中で、親子ふれあい事業として料理研究家の古川年巳先生をお招きして、親子でがめ煮作りを行った。

この活動を行って

感想・保護者

  • お肉を切る包丁裁きに冷や冷やしたが案外任せていても出来るんだと感心した。
  • なかなか家では時間に追われてゆっくりと一緒に作れないので、とても貴重な時間だった。
  • 今まで食べたがめ煮の中で№1の味だった。

感想・児童

  • 初めて作ったけど、うまく作れた。
  • 古川先生がわかりやすく教えてくれた。とても楽しかった。
  • お母さんが「おいしい!」と言ってくれたのが嬉しかった。

成果・課題

3年生でも難しくないように、先生が下準備をして下さっていたおかげで、怪我もなくスムーズにがめ煮作りが出来た。また、古川先生の博多弁トークも好評で楽しく料理が出来たことで、料理に対する気持ちが良い方向に向いたと思う。
今回の親子での食の体験がこれから日々の生活につながっていってほしいと思う。