基本方針

会長あいさつ

福岡市PTA協議会 会長 佐伯 拓史

本年度、会長を拝命致しました。一年間どうぞよろしくお願いいたします。

さて、新型コロナウィルスの感染拡大防止への対応が長期化し,子ども達も戸惑い,また,各ご家庭も大変にご苦労されていることと思います。何よりも大切なことは,子ども達の健康安全に最大限の配慮をしながら,学ぶ機会の確保と実りのある学校生活の持続に努めることだと感じています。

このような感染拡大防止のため、様々な対応が続く状況だからこそ,学ぶことも多いと思います。一人一人の取組が,社会全体の寄与・貢献につながっているということ。私たちの生命や暮らしを守るために,日々ご努力されている方々への感謝。そして,身近に起こり得るかもしれない差別やいじめをなくしていく勇気。

家庭,学校,地域が一つになって,“今こそ,ONE TEAM”で取り組んでいきましょう! その橋渡しになる福岡市PTA協議会も前を向いて進んで参ります。本年度のスローガンは、「みんなで育とう!!子どもとともに」~PTAで築く信頼・規範・ネットワーク~です。各単位PTA及び、小・中・特別支援学校PTA連合会のさらなる協働が必要です。皆様のご理解とご協力を賜りますよう,お願い申しあげます。

福岡市PTA協議会 会長 佐伯 拓史


活動目的

『福岡市PTA協議会』は、単位PTA相互の連携を密にし、共通の課題解決にむけて一致協力するとともに、PTA本来の使命達成を期する事を目的としています。
また、学校教育の振興並びに、児童生徒の健全育成を図り、PTA活動の活性化と共に、生涯学習社会における会員の資質向上を図る事を目的にしています。

詳しい組織の運営方法や決まり事などを、会則におさめています。


令和2年度 活動指針

1. 令和2年度 市P協活動スローガン

『みんなで育とう!! 子どもとともに ~PTAで築く信頼・規範・ネットワーク~』

2. 令和2年度 (新型コロナウイルス禍での)市P協活動指針

  • 子どもたちの“学びの機会と実りある学校生活の持続”をサポートする。
  • 新型コロナウイルス感染リスクを軽減した活動を心がける。
  • 新しい生活様式に照らした“PTAの新しい活動様式”を模索する。

3. 具体的な活動提案

  1. 市P協が主催の役員会・理事会、研修会(役員・会長・担当副会長、3P&4P)はオンラインでの開催を基本とする。
    集会型で開催する場合は、予定人数の倍の収容が可能な会場とし、マスク着用などでの飛沫防止、ソーシャルディスタンスに配慮した会場設営、こまめな換気、来場時の検温、体調不良者が出た場合の対応など予防対策を徹底する。
  2. 市P協の主催イベント(学ビバ!FUKUOKA、3P&4P合同研修会、特別支援教育啓発研修会)については開催を見合わせ、オンライン講演や冊子の作成など代替案を検討し、“PTAの新しい活動様式”を実践する。
  3. 感染の再拡大(第二波)に備えて、市P協のホームページを活用した情報発信の機能を高める。また、教育委員会や関係機関、専門家と定期的な意見交換や情報交換の場を持ち、“学びと学校生活”のサポートに役立つ情報の発信に努める。
  4. 常置委員会、代表者会議、区連や特P連の各種活動については、委員長や代表を中心に活動内容や規模を精査し、その時点の感染状況などを踏まえて実施方法を決定する。集会型で開催する場合には、必要な予防対策を徹底する。
  5. 今年度の開催を中止、或いは、次年度に延期した行事予算などを精査し、各単Pが取り組む“PTAの新しい活動様式”の支援について検討する。